三連休ですね。

世間では三連休。私は土曜出勤だったので二連休と言うのはさて置いて、絶賛過去画像を発掘中です。

インスタの方は頑張って中学生英語でキャプションを書いている。いずれポルトガル語にも挑戦せねば。

 

後、インスタはPCから更新しづらい…。メルカリにして然り、スマホで使うことが前提のようだ。PCでキャプションを書くとなぜかコメントになる。キャプションを編集していると思い込んでいたが、結果を見たら自作自演コメント状態と化していた。

 

画像が不鮮明で分かりにくい2006-2008年あたりの画像をインスタに使えんかと掘り起こしているのだが、ネタは面白いのだが肝心のところが皆ピンボケだった。…使っていたカメラの性能がよろしくないこともある。

もう少し引いて撮れよと自らの撮影技術に突っ込みたくなる部分もある。引いてズーム掛けたら、コンデジでも被写界深度問題はある程度解決するんじゃないのかな。

 

■発掘調査で遭遇したあるある

 

1.良い写真なんだけど背景に生活感溢れるうちの部屋が丸写り。…今は引っ越して過去のもので撮った側は懐かしいが、見ている側はそうではないだろう。

 

2.写真の補正がひどくてノイズだらけ。…もう、ノイズは起こるものとして処理されている。最新版のフォトショップならばある程度は楽して直せる。

 

3.サムネで構成が良い写真に限りピンボケ。…これは技術やカメラの性能の問題とかがあるので何とも言えない。防水仕様のコンデジで人に見つからないよう素早くピントを合わせて素早くシャッターを切るのでどうしても限界がある。

だが、室内撮影は横着せんともっと頑張れよと言いたくなる。

 

続きはマイスの造形について所感を色々。

 

4.被写体が画面に占める割合が多いので折角の屋外撮影でもなんのこっちゃわからない。…特に、正方形にトリミングすると全体の2/3を占められる。

光の量が少ない夕方は仕方がないと思う。でも、晴天のお昼ならもう少し引いて撮って…。

だが、お昼の晴天は液晶モニターが見えないので、撮影結果のわからないメクラ撃ちになることがたまにある。

やっぱりスコープは要るよな…とミラーレス一眼を使ってて思う。

 

5.慣れてきてしまうと構成が定番化する。…無印の双子座サガは撮りやすい分ほぼ構成が同じなので、どこの景色でも同じような撮られ方をしており、背景がぼけていたら服装ぐらいでしかその差がわからない。これは姿かたちが変わらない人形が被写体であるが故なのかもしれない。

 

過去の写真を見て興味深いのは、無印双子座サガは発売時点では群を抜いてフォトジェニックで現在にも通用するレベルなので、大体どう撮っても様になるし簡単に神写真が撮れる。

一方のラダマイスは普通に撮ったら酷い。見てはならない角度が多々存在する。正視に堪えないと言う意見も多数聞いた。

酷いと言われつつも頑張って13年間ラダマイスの写真を撮り続けているのでそりゃあ慣れるだろう。それは愛なのだろうか。それとも親バカの一種なのだろうか。

 

顔の酷いラダマイス救済策はまず冥衣を脱ぐこと。何と、のっけからラダマンティスのアイデンティティをほぼ剥奪されているではないか。そんでもって適当な私服を着せて、一番の弱点となる首回りをスカーフなどでごまかす。

うん、ここまで書いて思った。これじゃラダマンティスじゃなくて他の何かになるわ。だからラダマ名乗ってたんだな。

つまり、愛情で一生懸命写真を撮っているここの管理人も、ラダマイスがラダマンティスではないと自認しているのだ。


そして、どうしてうちのサイトの写真コンテンツは2006-2008年にかけて異様に画像が小さいのか。

当時、200Mと言う現在では想像もつかないような容量で遣り繰りしていたので、容量対策で画像をものすごく小さくしていたのだ。

当時のモニター解像度はそんなに高くはなかったのでまあ何とかしのげたが、今の時代だと本当にサムネイルにしか見えない。

そして、結構ピンボケがひどいのを縮小してシャープネスをかけてごまかしているのだ。なので、サイズを大きくすると途端に粗が目立つものが大勢ある。

 

なので、昔のコンテンツの画像を大きくすると言う野望は諦めた。わざわざ手間暇かけてアラの多い写真を掘り起こすよりは未編集の旅行記を手掛けた方が良い。そうしよう。

続きを読む >>
| 雑記・覚え書き | 00:15 | - | - | pookmark |
0
    インスタ始めました。

    冷やし中華ならぬインスタ始めました…。

     

    きっかけは勤め先の会社でアカウントを作ってそこから販促に繋げてみようと言うことで、自分の携帯に入れて確かめてみたのがことの始まりだ。

    知っていはいてもどんなものかも知らんし興味もないのでアカウントだけ作って放置していた。一方、会社のアカウントはインスタ映えするような写真材料が無いと言うことでこの企画はお蔵入りした。

     

    個人アカウントの方は取り敢えず、携帯で適当に撮った写真を三枚ほど入れて放置したら何といいね!がついていた。たったの三枚、キャプションないのに。

    思考錯誤しながらキャプション付けたりハッシュタグ入れたり興味ありそうなアカウントをフォローしまくったらいいね!が増えて来たのでもう一個アカウント作るかな?と言うことでWSTのアカウントを作ってみた。

    https://www.instagram.com/rhadama0201stg/

    なんかこのサイトのどっかに貼ってあるような写真ばかり。現在2008年あたりを掘り起こしているので、サイトで低画質でサムネレベルのものが大きくなって展示されている。

     

    この11年間、日本各地ひいては世界のあちこちに行った写真を張り付けまくるのだ。撮りだめなのでネタには困らない。

    …が、被写体が被写体なので「旅行」とか「海外旅行」とか「旅先の地名」とかめったなハッシュタグは入れられんなと「聖闘士聖衣神話」と、「saintclothmyth」のみでハッシュタグを絞った。

    で、saintclothmythのハッシュタグでどんな投稿をしている人たちがいるのだろうかと調べてみたら、いるわいるわジオラマにしたりして全力で遊び倒している。

     

    興味を持ったユーザーをいいね!をつけたりフォローをしたりしていたが、英語で調べたが故に皆海外のアカウントだ。よーく見たらブラジルの方だ。

    やべえ、ポルトガル語全く分からねえ…。地球の裏側の方々か…。

     

    だが、インスタの良いところは画像で勝負なので画像ドーン!でなんとかなる。

    それだけでは心許ないのでキャプションは中学生英語を付けた。簡単な英語ならどこの国の人も読めるでしょ。

    なので、現在凄くあざとい状態になっている。

     

    すっげえ不思議なのは、それ、販売してたっけ?なアイテムを持っている方々。

    赤子のアテナマイスサイズバージョンとか、サガEXのOCEバージョンとか。日本では今月末に限定販売だよー。中には明らかに海賊版だろうと言うクオリティもあって興味深い。

    そんでもって、結構な勢いで海外に輸出されてるんだな聖闘士聖衣神話シリーズ。

     

    で、いいね!が付いたり付かなかったり、フォローが付いたり外れたりしながら一日一投稿で何とか凌いでいる。

     

    インスタの謎。みんな気軽にフォローをしてくる。そんでもって、ものすごい勢いで外される。

    フォロー返しでも期待しているのか…。それとも手が滑ったのか。

    | サイト更新関連 | 22:28 | - | - | pookmark |
    0
      ご無沙汰していました。

      ご無沙汰しています。

      忘れた路にブログ更新DAWNです。

      スペイン編は何処へやら、何故か北海道編から編集をしています。

      先月末に北海道へ行ったので忘れないうちにやっとこうと思った序でに去年北海道に行った分も編集しました。

      …鉄は熱いうちに打てと言うか、結構な勢いで細部を忘れています。


      サイトのスタイルシートをちょこちょこと弄ってテキスト表示部分の横幅設定を変えました。
      何故かと言うと、スマホで見たときにテキスト部分が小さくて見辛いからです。
      なので、ちょっと改行が怪しいページも多少あるかと思う。


      今のサイトを組んだのが10年前でスマホもiPhoneが世間に出た当初なので、バリバリのPCページだったが、スマホが主流となった今となってはそうは言ってられない。
      とは言え、表示をガラッと変えるレスポンシブサイトはよう作れんので、どっちにも見えるようにスタイルシートを弄るのが精一杯です。
      そして、編集を始めたもう一つの理由はカメラを買い換えたから。


      今までメインで使用していた水中カメラが結構しんどくなって来たのもあるので、思い切って一眼レフを買ったのだ。
      え?一眼レフって持ってなかった?
      あったけど結構重かったので、持ち歩きやすいミラーレス一眼を買ったのだ。それが去年の話。


      使いこなしたのかと言うと、何とも言えない。

      カメラワールドと言うものは非常に奥が深く、上を見たらきりがないのだ。

      ましてや、初心者向けのミラーレス一眼レフカメラに毛が生えた程度のOM-Dなのだ。カメラの道はなかなか遠く険しい。

      絞りもろくに理解していないのでレンズ沼にはまだハマっていない。


      絞り優先で絞り値を変えられて被写界深度問題はある程度解決するので、やっぱり買って良かったミラーレス一眼と思います。

      | サイト更新関連 | 18:34 | - | - | pookmark |
      0
        アンドラ編が出来ました。
        この辺でちょっとマヨルカ編の予告。

        何やっとるんですか。

        皆さま、日曜日いかがお過ごしでしょうか?

        私はだらだらと食事をとり、だらだらとハーブティーを飲みながらだらだらと編集をしていました。

         

        ノートパソコンで編集できる体制を作ったので比較的楽。ソファーでダラダラしながら編集ができる。デスクトップだとさあ席に着くぞから始まって結構億劫だった。人はこうして怠惰になるのだな。去年の春に買ったMacminiが不憫。

        あと、2016年あたりから酷使してきたbridgeが不調になったのも痛手だった。

         

        ともあれ、だらだら編集の恩恵か、スペイン紀行のアンドラ・ラ・ベリャ街歩き編ができました。

        街中をうろうろ歩いて、スパで武者修行をしています。

         

        3月からぼちぼちブログに書いているベランダ栽培だが、今のところ枯れないでそれなりに元気にやっている。

        毎日窓からプランターをつい眺めてしまうのだが、うちのベランダは他のマンションのベランダとも向かい合っているのでかなり不審人物全開。今日も、洗濯物を干している人と目が合った。気まずい…。

         

        コーナンで買ったレモンバームはここの環境が気に入ったのか、葉っぱを大量に付けて横に伸びている。

        レモンバーム、癖が強いのであんまりサラダに入れないんだよな。

         

        ピザを作る度に葉を持って行かれるバジルはしんみりと伸びていて、花を付けようとしていた。あ、それちょっと困る。

        葉っぱが採れなくなるのでここは涙を呑んで摘心する。切った株は株分けした。

         

        オレガノとレモンタイムもしんみりとやっているが、あんまり使わない。

        葉山椒が根詰まりを起こして枯れる寸前なので何とかせねば。

         

        日照が無いと思われていたが、この季節になると朝の八時から十時までの間プランターに日が当たっていた。全くの日陰という訳でもないようだ。

         

        だが、皆何だか葉っぱが少ない。ルッコラは三株あるが、一人暮らしでもサラダに葉っぱをいただくと結構悲惨だ。しかもルッコラ旨いので更に悲惨だ。

        そして、ルッコラも度重なる収穫に腹を立てたのか、葉が育たないまま上に伸びて花を付けた。…あ、それちょっと困る。

        葉っぱが採れなくなるのでここは涙を呑んで摘心する。ルッコラの花はおいしくいただきました。

         

        シソも横にばっか伸びて葉が増えない。でも食べると旨い。

         

        それからメルカリで種を買ったタイム、こんな姿に成長した…。

        これ、本当にタイムか…?なんかコレジャナイ感が半端ないのだが…。
        オレガノにもフェンネルにも全く見えない…。
        何となく収穫する気も起こらず花も咲くがままで放っている。
        そろそろ抜いて他のものを植えたほうが良い気もする…。
        | サイト更新関連 | 17:48 | - | - | pookmark |
        0
          スペイン紀行に着手してみた。

          アンドラ街歩きのサガ。

           

          台湾に続き、スペイン紀行の編集を始めてみた。

          カットが1000枚近くあるが、細かいことは気にしない。ぱっと見た感じ、同じマイスを角度変えてしつこく撮っているので大分省くことができそうだ。

           

          また、結構忘却しているのである意味簡潔になりそうな気もする。

           

          最近、Amazonプライムで「世界最悪の地球の歩き方」を見てみた。

          海外の45分もののドラマで、実体験をもとにしている。

          単独で海外旅行に行く身としては、是非とも教訓に見なければならないなと馬鹿真面目に考えていた。

           

          5シーズンまであるそうだが、パッと見た感じその殆どが麻薬がらみで密輸→失敗→刑務所パターンが多い。そもそも密輸しなけりゃ最悪の事態にならないでしょと思うので、そこは教訓にならんなとその部分は省いて見た。

           

          作っているお国柄もあるのだと思うが、欧米圏の白人がアジアや南米アフリカなどの所謂第三世界と言われる国で捕まり、現地人によって劣悪な刑務所に送られるのを見ていると、第三世界の人間が野蛮で訳の分らないエイリアン(映画ではない)と言った描写がされてるなと思った。「こうして私は野蛮人の国を脱出し、欧米に戻りました」なオチ。

           

          アジア人の刑務所に白人がいると、おもっくそ目立つ。街中を歩いていても目立つ。フィリピンでイスラム教過激派組織に拉致されたアメリカ人の話を見ても、目立つから拉致られたんじゃないかなと思う。一緒に捕まった現地人が不憫でならない。

           

          今見た中で一番怖かったのは、インドネシアで大麻密輸の濡れ衣を着せられた男性の話だ。深夜に空港到着、ホテルに着いて娘を寝かしつけて、奥さんとベッドでリラックスしているところで警察乱入!そのまま逮捕!起訴、懲役20年だなんて恐ろしすぎる。

          その男性も逃げたい一心であの手この手を打つが、全て悪手に動いてどんどん最悪の場所へと送られていく。

           

          最初っから大人しくしておけば、他の囚人に襲撃されるような恐ろしい刑務所に送られなくて済んだんじゃないのかなと、言いたいがそれは結果論でしかないのでどうこう言っても仕方が無い。

           

          あと、ボーダーセキュリティーもあったが、その全てが「アメリカvsメキシコ」ものだった。世界まる見えのオーストラリアの空港の奴じゃないのか…。そこはかとないコレジャナイ感。

           

          確かに、メキシコからの不法入国者は半端ない。30年近く前にアメリカに住んでいた人の話によると、一緒に働いていたメキシコ人が強制送還されても、翌週には何事もなく出勤してきたと言う。彼らはトンネルまで掘って密入国してくるのだ。トランプさんが万里の長城を築きたくなる気持ちもわかると言っていた。

          | サイト更新関連 | 23:52 | - | - | pookmark |
          0
            波照間紀行を再編してみた。

            皆さんごきげんよう。

            昨日、回鍋肉を作ろうとしたら、豆板醤とコチュジャンを間違えてしまい、キャベツと豚肉の味噌コチュジャン炒めを作ってしまったDAWNです。

             

            台湾編終結しました。直ぐに終わると思っていたけどガチで二週間かかった。

            色直しとかはあんまりやっていない。本当にトリミングとリネームばっかり。リネームも、ソフトがあるので苦ではない。リサイズもバッチ処理組んであるので昔よりは格段に速い。

             

            昔の写真なんか小さいなあと思っていたら、波照間紀行が結構気になったので再編集してみた。折角の景色もアイコンレベルだなんて何だかもったいない。

             

            当初、ラダマイスを沖縄に持って行きましたと言う報告程度のレポートの体で、現地の写真はあまり載せていなかった。私が載せなくても、沖縄の景色なんてネットでいくらでも見られるし、もっと見事な写真を撮っている人たちだっているでしょ?のスタンスだったからだ。

            でも、なんだかちょっともったいない気もしたのでもうちょっとカットを増やして載せてみた。あの体裁だが、400枚は撮っていたのだ。そのほとんどが使い物にならないので非常に編集が楽だった。

             

            そんでもって、私自身波照間島の写真を弄って当時旅行に行った気分に浸りたかったので、ちょこっと編集してみた。何よりも、この波照間紀行はWST旅行記の原点みたいな位置づけでもあったので、写真をもう一度見てみたくなったのだ。

             

            で、編集してみて気が付いたのが、結構画像が荒い。カメラの性能なのかはたまた画質なのか、ちょっと色を弄るとノイズが出るのはご愛敬。結構手ぶれ、ピンボケが多い。

            当時、人形と景色を同時に収めようと四苦八苦していた姿が偲ばれる。

            当時の画像がやたら小さいのは、サーバーの容量対策以外にピンボケ手ぶれを誤魔化すためだったのだ。

             

            と、いう訳で他の古い旅行記の写真は手出ししないことにした。その前にイタリアとかスペインとかオーストラリアとか、いろいろとやるべきことがあるでしょ。

             

            | サイト更新関連 | 23:31 | - | - | pookmark |
            0
              そう言えば台湾に行ってきました。

              前回、しれっとハーブ栽培のことだけを書いていたが、実はひっそりと台湾に行っていました。

               

              台南の町をうろうろしたり。

              うん、背景ピンぼけててなんのこっちゃわからないぞ。

               

              九份行ってきたり。

              鉄板スポット。

              詳細は旅行記にて。

               

              GWに突貫工事で編集したのだが、高雄編と台南編の丁度半分ぐらいしかできなかった。

              基隆編と九份編と北投編がまだ。

              カメラを買い替えたのか画像補正をある程度諦めたのか、画像の補正とトリミング・リサイズはある程度楽なのだが、テキストに起こすのに凄く時間が掛かる。

              すると結構な長文になってしまった。PCではあまり気にならないが、これをスマホで見ると映画のエンドロールの如く延々とテキストが流れてくる。

              今日び、そうやってテキストをだらだら流すのは流行らない。眼が疲れるだけだ。

              なので、ところによってスキップできる仕様にした。

               

              そして結構謎だったのが、スマホでは「九份」とパッと出てくるのに、他所のサイトを見ても九分とか九フンと書かれているパターンが多い。確かに非常用漢字なのでぱっとは出てこないだろう。

              探したら出て来たのでサイトに入力したら、今度はDW(オーサリングソフト)が「UTF-8にして保存しやがれ」と文句を言って保存してくれない。

               

              久しぶりにヘッダを見たところ、キャラセットが栄光のshift_JISだった。そう言えば昔は「shift_JISの方が良いですよ」と言われていたので何も考えずshift_JISにしていた。だがこれも10年前の話だ。

              UTF-8だとガラケーで文字化けするからとかだったが、今時どうなのだろうか。スマホやタブレットはUTF-8完全対応だ。

               

              と、言うわけで台湾編だけはキャラセットをUTF-8に変更した。後のページは知らん。

              すると、編集を誤って一番入力に手間のかかった冒頭ページが死んだ。どのようにしてお亡くなりになったかは省略。

              皆さん、キャラセットの変更には気を付けよう。文字化けしてしまったページはバックアップがなければ基本元には戻りません。

              皆さん、人様のwebサイトのページが文字化けしていても指差して笑うのはやめましょう。これは、哀しい哀しい事故なのです。

               

              だがAmaz〇n、貴様がたまに起こすメールメッセージと住所データ文字化けは許さん。システムエラーだろそれ。お客様のメッセージや住所がわからなくて四苦八苦するんだよ。住所はともかくメッセージの文字化けが変換不可で深刻なんだよ。

              お客様に「読めません」と返信しても、お客様から文字化けで返事が来るんだよ。

               

              ともあれ、台湾編は画像サイズを一律長辺640pxにしてあります。

              昔は風景なんざ他の誰かが撮るだろう、概要だけ分かれば良いと小さくしていましたが、年々技術の進歩でモニターの解像度が上がるにつれ、アイコンレベルに小さくなって見えないような画像も発生してきました。スマホならまだ見えるが、ノートパソコンのモニターではかなり見づらい。4Kモニターなんて買った日には本当にアイコン状態だろう。

               

              特に2006年・2007年ぐらいの旅行記始めた頃の画像は物凄く小さい。ガラケーで見に来ることを想定して読み込みが少しでも軽くなるように小さくしていたのだ。後は、サーバーの容量問題もあった。当時は200MBなので遣り繰りに必死で画像はできるだけ小さくしていたのだ。それが今や同一料金で10GBに。

              サーバー容量も、こんなサイトでは10GBまで絶対に行きつかないので、今回画像の大型化に踏み切りました。とは言え640px。その内、900px1500pxと大きくなっていくのかもしれない。

               

              これからの更新は画像を大きくするけど昔のは知らん。

              縮小は簡単だけど大型化は非常に難しいからだ。該当の画像を探し出してリネームし、HTMLでのサイズ指定を変える作業が付きまとう。コンテンツの数が半端ないのであんまりやりたくない。

              | サイト更新関連 | 00:48 | - | - | pookmark |
              0
                四連休ですね

                世間ではGW後半戦四連休ですね。

                例年そうですが、盆暮れ正月GWは宿がない新幹線の席がない飛行機が高いなどなどの理由で殆ど何処にもいかず家に引っ込んでいます。

                少し前まではちょっと休暇があれば遠征していたが、今は何処に行っても宿がない。京都市内も中韓の方が沢山いらっしゃる。

                 

                今日は夕方まで寝て起きてから冬物の整理に奔走した。明日から何をしよう。

                 

                いよいよ旅行記の編集かと思ったが、何だか腰が重い。

                で、久しぶりにMacを立ち上げたらネットワークディスクと繋がらない&Adobeソフトがアップデートだらけ&MacOS自体もアップデート開始…。

                作業環境できる環境になるまでに丸二時間かかる様子。

                そもそも作業データをアップするネットワークディスクに繋がらなかったら話にならない。

                仕方が無いのでノートパソコンのwin機で編集することにする。

                 

                なってこったMac…、Windowsに負けているじゃないか…。

                で、ノートパソコンでデータを開こうと思ったら例によって量が多いので時間が掛かるのでそれまでの時間稼ぎにブログを打っている次第。

                 

                昨夜、眠い目を擦ってインセプションを見た。

                メメントと同じ監督なんだね。

                 

                世間でも難解と言われ、昔WSTヒュプノスがすぴばるで『わけわからん…』と呟いたインセプション。それもそのはず、後半15分しか見なかったからだ。ただでさえ訳が分からんのにそんなところから見たらなんのこっちゃわからん。

                 

                そんなインセプションあらすじをざっと話すと、

                 

                夢の世界で情報を抜き取る敏腕の産業スパイである主人公が、謎の権力者サイトーに腕を買われて世界を牛耳る企業の跡継ぎ息子ロバートの夢に入り、その潜在意識に会社を決裂させるきっかけを作るにアイデアを植え付けるよう依頼を受ける。

                アイデアの植え付け作業=インセプションには非常に困難が伴うので、主人公は各部門の腕利きメンバーを集め、任務の完成度を高めるために夢を三階層構造にするなどして色々工夫を凝らす。

                任務の途中、主人公の死んだ奥さんが邪魔をしてきたり、ターゲットのロバートが自分の夢に侵入者が入ってきた場合潜在意識が攻撃を仕掛ける訓練を受けていたいたりして様々な困難が付きまとうが、上手く任務を完遂し、主人公は任成功の報酬としてサイトーに過去の履歴を抹消してもらい、別居していた子供たちと一緒に住めるようになっててめでたしめでたしというお話。

                 

                世界観が複雑で結構置いてけぼりな描写が多い。

                皆で共通の夢を見る装置ってなんだ?とか、この舞台は一体誰の夢なんだ?とか。

                ターゲットがロバートならロバートの夢だろうと思いきや、夢の世界を構築する設計士が他に出てくる。ターゲットを自分の夢に引き込むような説明もあったのでそう言うものなのだろう。

                 

                それにしても謎な描写が多い。終始、サイトーが何者かが分からなかった。

                電話一本で主人公の犯罪歴を抹消したり、任務完遂のため飛行機丸々買収したり。大企業のお大尽に違いないと思うが、危険を伴うインセプションの任務に同行したり、夢の中でうっかり負傷して結果虚無に落ちたりしている。

                サイトーは実はお大尽の手先なのか…??

                 

                そして任務中ロバートの潜在意識の表れである警護に攻撃を受けた時、予想外の急襲と言うことで一同戸惑っていたが、それはちょっとリサーチ不足ではないかと唖然とした。

                 

                どんなに派手なドンパチをやっていても夢の世界なので、死にはしないだろうと今一つ緊張感がなかった。虚無に堕ちるとは言われているが、何とか復帰してるじゃん。これも、虚無に堕ちた経験のある人間でないと虚無からの脱出はできないのかもしれない。

                途中でロバートが敵か味方かわからなくなってくるが、彼は飽くまでターゲットだ。

                緊張感がないのもそれもそのはずで、この映画の本筋は任務ではなく主人公とその妻との葛藤が本筋なのだ。

                全編通してインセプションの恐怖とその結末を訴えているのだ。

                 

                交渉人とか調合師とか偽装師とか設計士とかなかなか一癖二癖もあり魅力的なメンツが揃っているので、いろんな依頼を受けて夢の世界で暗躍するテレビドラマシリーズになっても良いんじゃないかと思った。

                 

                 

                そして、『メメント』も観たが、こっちはもっと訳が分からない。

                斬新な手法で10分置きに舞台を巻き戻していくことで健忘症の主人公と同じ視点に立つことができる。

                もう、訳が分からなさ過ぎて鑑賞後即解説サイト見に走ったよ。

                 

                主人公は元保険会社の人間で妻を殺害されたことがきっかけで10分前の記憶が消えてしまう健忘症になってしまう。

                奥さんを犯されて殺された主人公が犯人を追うと言うシンプルなストーリーで、冒頭で見事犯人を誘い出して敵を討つ。

                から、10分ごとに時間が巻き戻されていく。

                 

                10分で記憶が消える主人公はメモ第一で、重要な情報は刺青してまで留めておく。そして、記憶を何らかの媒体に書きとめることが重要で、記憶など幾らでも操作できるものだからアテにならないと豪語する。

                その割には覚えられないことをダシに悪徳警官など周囲の人間に良いように扱われている気もする。

                 

                時間が撒き戻されていくごとにおいおい敵討ちの名のもとに偉いことやらかしているやないか主人公と背筋が冷たくなる。

                ええんか?ええんか?ヤクの売人殺して??そんな真似したら組織に追われんで?ええんか?刑事殺して??

                と、主人公の破滅的な行い見ているこっちがひやひやするが、主人公に10分以上前の記憶はないのですっきり忘れていく。

                そして、ラストに冒頭で殺された悪徳刑事が衝撃の告白。今まで一生懸命妻の敵を追っていたんだよなと思っていた視聴者を一気に突き放す。

                いや、途中でヤクの売人が現れた時から何やってんだこいつとは思ったが。

                 

                とりあえず、気に喰わない奴は次のターゲット。健忘症を武器に気に喰わない奴を抹殺するのか…。

                この先、主人公はどうあっても破滅的な最期しか想像ができない。

                 

                 

                そんでもってスタイリッシュそうなので『フローズン・タイム』を見た。

                 

                内容は彼女に振られたのがきっかけで不眠症となり、その上時間を止めることができた美大生の男の子のお話だ。

                眠れないとあらば眠れない深夜の時間帯はスーパーで働こうと非常に合理的決断に行きつく。

                どうでも良いけど、人間二週間も眠れなかったら精神に異常を来すと言うがそこはどうなんだ?時間も止める能力があるのでそこは問題ないのだろう。

                 

                で、時間を止めた後これを思える美女の服を脱がせてデッサンに勤しむ。レビューに絵を描くだけかい!と突っ込みが入っていたが、それ以上の絵面を見たい方は時間停止もののAVでも見ていたら良いと思う。

                美を描きとめる意味では良いんじゃないかと思う。そして、中途半端に脱がされた着エロがまた良い。

                と、言うちょっとエッチな内容の映画だったりする。

                 

                スウェーデン娘が階段を上るシーンは食い入るように見ました。そのシーンだけ巻き戻してもう一度見ました。はい。

                 

                見た後「貴方こんな映画が好きなんでしょ?」と言わんばかりにそれ系のエロティックムービーをAmazonがしきりに勧めて来るのは少し参った。

                | 雑記・覚え書き | 02:31 | - | - | pookmark |
                0
                  ゴールデンウイークです。

                  世間はゴールデンウイーク。

                   

                  私はだらだらと家の掃除をし、だらだらと冬物衣類収納に備えて洗濯し、だらだらと衣替えの初夏向けの衣類を出し、だらだらと収納衣類にアイロンをかけて毛玉を取り、だらだらと自転車を磨き、だらだらとハーブの植え替えをして、だらだらとAmazonプライムを見て過ごしています。

                   

                  去年は去年で、引っ越したばかりなので連休中とひたすら家の片づけをしていた気がする。おかげさまで連休明けには家の中は大体片付いていた。

                   

                  前回触れたハーブだが、結局入手した種の内、青じそ・ちりめんしそ・タイム・ルッコラ以外はほぼ発芽しなかった。

                  ミント・オレガノ・バジルなどのハーブの発芽は難しいとも聞く。自分自身、初心者の癖に何故セルポッドまで買って種から育てようと思ったのか首をかしげるばかりだ。

                   

                  レモンバームが少し頑張って生えたが、何だかぴょろぴょろで頼りなく水をやると直ぐ倒れてしまう。結局ホームセンターで苗を買って来てしまった。

                  ミントも二か月たっても芽が生えて来ず、その間にスーパーで買った生葉を土に差しておいたものが先に成長した。流石は生命力の強いミント、葉っぱ二枚でも根を下ろす。

                   

                  北向きの部屋で種から育てようと思うと非常に困難が付きまとうと痛感した。本当に、何で最初からホームセンターで苗を買おうと思わなかったのか。

                  まず、生えて来ても絶対的に日照が足らないので皆なかなか二枚葉から成長せず、ルッコラに至ってはカイワレ大根状態のままだった。

                   

                  ベランダに放り出して暖かい日が続くと流石に二枚葉から成長したが、それでも南向きベランダ住人の1/2ぐらいしか成長していない。北向きの東の角部屋なので、ベランダの端に置けば朝の7-9時の間だけ日照があるのだ。その代わり、そこに置いたら洗濯物が干せなくなるが。おかしい。ベランダのスペースが勿体ないからハーブ栽培を始めたのに、なんで洗濯物が干せなくなっているのか。万年室内干し派で滅多に外干ししないので別に良いが。

                   

                  苗の生育が遅いのは北向きの宿命としか言いようがない。枯れないだけ幸運と思うしかない。ただし、日照が少ない分葉っぱが柔らかくなると言うメリットはある。

                  タイムに至ってはよっぽど発芽時の生育が悪かったのか、既に地面を這いつくばっている…。タイムって、こんなんだっけ?

                   

                  種から栽培で一番つらいのは間引きだった。

                  ルッコラは非常に発芽しやすい植物なのでセルポッド一面がルッコラの芽だらけになった。だが、ただでさえ日照の少ない場所でこんなに生えては共倒れになってしまう。皆カイワレ大根状態で非常に発育が悪い。なので、ピンセットで摘まんで間引きをしまくった。プランター栽培で場所が限られているので間引きした芽は捨てるしかない。

                  スプラウトととして食べればいいじゃないと思うが、スプラウト専用の種でない限りあまり食べない方が良いらしい。

                  間引きしまくった結果、ルッコラを三本にまで減らしたが、露地栽培でもしない限り種から育てるのは非常にナンセンスだと心底から思った。

                   

                  ルッコラの新芽は蛞蝓やダンゴムシなどの食害が非常に多いので、発芽から暫くをセルポッドで育てることを推奨されているらしいが、それも家庭菜園を持っているぐらいの家での露地栽培の話だろう。今年から始めた四階のベランダのプランター栽培でいきなり食害は少し考えにくい。

                  そんなルッコラだが、カイワレ大根からベランダに移したら二枚葉が四枚葉になり、一週間ほど旅行に行って帰ってきたら葉野菜らしくなっていた。

                   

                  ベランダに移してからシソの芽がポコポコ出て来たのでまた間引きせねばならない。皆可愛いからと言って育てると共倒れになってしまう。少なくとも収穫できるサイズにまで育たない。

                  この間引き行為が非常に精神的に辛い。折角生えて来てくれたのにと言う気持ちに苛まれるからだ。

                   

                  そして、ホームセンターからはバジル・オレガノ・レモンバーム・レモンタイムの苗を買って来た。バジルに至っては苗一つで58円で、残るは三株の叩き売り状態だった。他の苗は大体198円ぐらい。

                  バジルはトマトと育てると非常に良いと言われているが、日陰でトマトを育てると非常に可愛そうなことになる気がしたので実行に至っていない。

                   

                  流石、生産業者が責任をもって育てているので皆立派な苗だ。北向きで種からだと本当になかなか育たない。何で最初からこうしなかったのか…。種から育てることに一体どんなロマンを抱いていたのか。

                  だが、昨日今日買って来たところなので、ホームセンターから買って来た彼らも北向き環境に絶望して枯れてしまう可能性は十分にある。

                   

                  そして、気の迷いで葉山椒を買った。生育が非常に難しいらしい。下手に植え替えは考えず、ひと夏ベランダの隅に置いて見守ることにした。困ったことに、葉山椒を使うようなレシピのものを作らない…。

                  本当に気の迷いだった。

                   

                  こっから先は恒例のゲームとプライムビデオ語り。

                  続きを読む >>
                  | 雑記・覚え書き | 16:00 | - | - | pookmark |
                  0
                    ハーブ栽培を始めてみたいと思う

                    引っ越しして一年近くが経ちました。

                    一年経たないとわからないことも多々あります。

                     

                    まず、ベランダはあるが室内干し派なので全く使わないこと。そもそも、北向きなのでどの季節に干そうが乾かない。これも好き好んで北向きに住んだ宿命なので甘んじて受け入れる。

                    北向きだけどマンションの4Fなのでファンヒーターは要らないこと。今年の冬は寒かったが備え付けのエアコンで乗り切れた。

                    ファンヒーターに関しては冬が始まるまでに売ればよかった…。

                     

                    話しは戻ってベランダだが、何となくスペースがもったいないような気がして、プランターでも置いてみようという気になった。

                    北向きベランダで菜園なんて狂気の沙汰だと引っ越した当初は思っていたが、一年住んでみると慣れて来るのかトライしてみようという気になったのだ。

                     

                    まず、北向きでほぼ日照のないベランダでも育てられる植物探しだ。当然、食べられるものが良い。

                    結果、シソを始めとするハーブ栽培に行きついた。

                    特にシソは日陰でも育つんだそうな。

                    奴らは薬味として肉や魚に混ぜると堪らなくおいしいことになるのでぜひ育てたい。

                    良くスーパーとかでも売っているが一人暮らしだとどうも使い切るのに苦労して買うのに気が引けてしまうのだ。

                     

                    バジルやローズマリーなどはもともと雑草なので初心者にも育てやすいのだと言う。

                    が、二十年ほど前に実家暮らしをしていた時代、南向きの窓に関わらずハーブ類を絶滅させてしまった過去を持つ。

                    ミント、バジル、ラベンダー、レモンバーム。全てホームセンターで苗を買って来たが悉く枯らした。

                    サボテンも皆枯れた。

                    まともに育ったのは朝顔とキンギョソウぐらいだった。

                     

                    初心者でも育てられるというハーブ類を絶滅せしめた過去を持つのだ。故に私に栽培は向いていないと二十年近く栽培は諦めていた。

                     

                    うちの実家の窓は南向きだった。

                    室内でも日当たりが良かったら育てられるということだったが、真夏が来たらハーブたちは皆枯れていた。

                    その上、昼間寝ていて夜に水をやる習慣だったのでそれも良くなかったのだろうが、半日陰を好むハーブ類なので真夏の灼熱に耐えられなかったんじゃないだろうかと思う。

                    特に窓際にハンギングしていたラベンダーなんて、6月に入った途端に無残に枯れていた。

                    どう考えても夏場の灼熱地獄にやられた気がする。

                     

                    もしかしたらハーブ類は日陰の方が育つんじゃないのか…。

                    思い立ったが吉日と言うことで、早速ハーブ類の種を数種類入手。ホームセンターで園芸用品と色々と買って来た。

                    時期的にはまだ種を蒔くには早いようで、セルポッドに撒いて乾燥防止にゴミ袋を掛けて室内で様子を見ている。

                     

                    無事に芽が生えればめっけものだが、何も起こらなければ迷わずホームセンターへ苗を買いに走る。

                    初心者が種から育てるのは結構難しいんだそうな。

                     

                    こっから先はゲーム語りです。

                    続きを読む >>
                    | ゲーム語り | 21:48 | - | - | pookmark |
                    0

                      CALENDAR

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      web拍手とか入れてみた。

                      自作自演コメントマイスギャラリー

                      過去のすぴばるログはこちら
                      ※2016年4月末日をもってサービスを終了となるため過去ログ倉庫となります。

                      ANOTHER PAGE

                      SELECTED ENTRIES

                      CATEGORIES

                      ARCHIVES

                      MOBILE

                      qrcode

                      LINKS

                      PROFILE

                      SEARCH

                      無料ブログ作成サービス JUGEM