双子座誕がやって来た
これはツイッターにも投稿したが、

当日知らないでやり過ごしてたけど、きっとすごかったと思う。

そして、こいつもやって来た。

10cmサガ。
去年と言い、発売日を狙って合わせてるんじゃないかと思う。

アテナ像とかディスプレイ用の台座やあれもこれも合わせて5000円らしいが…。
うん、典型的な抱き合わせ商法やね。

ちっこいサガと大きいサガ。
ちょうど1/2サイズ。

…で、何故に大きいサガはジャージなのか。
なんとなくジャージを作ってみたから。

まずは晩餐。

デパ地下でこれでもかと惣菜を買う。
これで大体2,500円ぐらい。外食ぐらい掛かってる。


「ちなみに酒は年末に買ったものだ!」

ちなみにみんななんか赤いのは照明を入れたから。ただの白熱灯ライトなので赤くなるのだ。


安定のドヤ顔。
来年2月で買って10年になる。

で、マジキチ的光景「双子座類揃い踏みの図」。

複数買いを除外しているし、コゲ兄弟がいない。


「一体どこまで殖えるのだ我ら双子座類…」
次は神聖衣のサガだと思う。
そんでもって当たり前にラダマがいる。


更にケーキを配置。
よくある腐女子的お誕生日風景。

はいっ、二人組作って!

何故かサガが何匹かあぶれる。


「なんかここ怖い。ケーキとか出てくるし」
去年もそんなことを言ってる奴がいた。

ケーキと双子座類の祖。

「まるで俺たちが殖やしたみたいだな」


流石にケーキ遊戯はしない。
「後片付けが大変でな」

害虫のようにケーキに群がる双子座類。

その光景はやっぱりマジキチ。

以上、双子座誕遊戯でした。



| マイス遊戯 | 20:18 | - | - | pookmark |
0
    ラダマ誕でした。
    今日から2月ですね。
    2月と言えば恒例の節分…その前にWSTでは重要行事ラダマ誕があります。

    去年は10年目なので6万もするダイヤとホワイトゴールドのリングを買って来て申し分のない基地外振りを披露させていただきました。
    それも年末には我が物顔でサガが付けている本末顛倒ぶり。

    そして今年は、

    まずは晩御飯を近所のお高いスーパーで買ってきて贅沢に過ごす。
    もちろん贅沢に見えないのは盛り付けが悪いからだ。

    そして食後、

    何やら観葉植物の陰で戯れている。

    暗くて見えづらいがこう言う感じでいる。

    三年前フェローで買ったフェルトキャップがクッションに。
    因みに買って一度も被っていない。完全にマイス用。


    足元にはアジアンな食卓とラッピングされた箱がある。
    「2年に一度ぐらいアジア仕様になりますのんや」


    「じゃあちょっとプレゼントの箱を開けてみよ」

    ラッピングのリボンが青だ。奇しくもサガの髪の色と同じ。

    「つまり、これは私からの贈り物と言うわけだ」
    「ほんまに??」
    こじつけもいいところ。



    ラッピングを取るとなんか箱が出てきた。

    そして出てきたのがこれ。

    「グラスや…」
    流石に毎年貴金属を買うほど頭は逝かれていない。

    中身を覗いて見たらば、

    「十二星座が書いてあるで」

    ………。

    「十二星座とな…」


    「双子座は無事に入っておるか??」
    昔もらった星座グラスが夏の星座限定で双子座が入っていなかったのだ。
    「双子座は無事に入っとるで」

    するともう一人現れた。

    「射手座は無事入っているか??」


    「まーた自分か射手座。よう人の誕生日に割り込んでくるな」
    「当たり前だ俺が届いてきた日はお前とほぼ一緒なんだ」
    「そう言って翼竜誕にも絡んでくるやん自分」

    ここ一番重要です。

    「十二星座って、冥闘士の俺には全然関係ないやん」

    点灯してみた。

    「十二星座の柄が見えねえ…」

    もっと重大なのは、

    「射手座が目立たない位置にあるぞこれ!」
    「それは残念やったな。日頃の行いが悪いんや」


    (私も日頃の行いが良くないのか…)
    実は双子座も目立たないところにあったりする。

    電気も消してみたが、

    星座、あんま見えない。

    気を取り直してケーキを用意してみた。

    グラマシーニューヨークのカップケーキ。


    なんか二・三年前に同じケーキを買って来た気がする。
    長年やっていると大概かぶってくることがある。

    以上、ラダマ誕遊戯でした。

    「…だからなんで俺の隣に並ぶねん」

    お粗末さまでした。
    | マイス遊戯 | 20:05 | - | - | pookmark |
    0
      クリスマス…。
      クリスマスは絶賛仕事のDAWNです。
      だって平日だろ?夜は近所のスーパーでお惣菜半額天国かと思いきや、去年に比べてあまり芳しくなくって残念。時間が早いのかまだ30%引きだった。

      取り敢えずケーキを昼休みに買って撮影

      デパ地下は何処もかしこもケーキ買う人の行列。去年ってこんなに並んだっけ?
      来年こそはケーキを予約するぞと心に誓いながら行列に参加。…ご飯食べる時間が無くなった。


      晩飯の図。
      サーモン尽くしがあったので奮発して買ってみた。
      これで当分はサーモンいらんと思っていたが二日後には食べたくなっている。ダメじゃん。

      クリスマスイブと言えばキリストの生誕前夜をしめやかに祝う日だが、日本では何時しか恋人の日になってしまっている風潮がある。

      一部、性なる夜に拡大解釈するとんでもない連中もいる。

      「せっかくの夜だから、兄さんの精気…いや、精液吸い尽くしちゃうーv」
      さらっと恐ろしい言い間違いしていないか?

      なんて不謹慎なと言われかねないがこいつらキリスト教ではない。ギリシャ正教の可能性もあるが、ギリシャ土着のアテネ信仰の可能性がいちばん高い。

      戦慄の冥サガ。

      (…キリストの誕生日が私の命日になってしまう…)

      近くにいた兄貴に救助の要請。

      「…助けて下さい。このままでは精気を吸い尽くされます」
      「あ、助けません。成仏して下さい」
      あっさり断られる。

      色情狂はさておいて、

      双子座類の元祖、無印サガマイス。
      最近つけてる奇妙なもけもけは教皇服用でもあるのだ。


      しかも、2015年12月24日は無印サガマイスが届いて来て丁度10年目。
      「本格的に旅行記に登場したのは2007年からだが、発売自体は2005年12月だったのだ」
      2年間聖衣着せて棚に飾っていた。

      無印サガマイスは旧素体だと首のパーツが今ひとつで、しょっちゅう後ろ髪が取れたりしていたのだ。そして何故だかヅラのフィット感も最悪で、油断するとポンポン脱げた。
      2007年になって、2個買いした海龍カノンマイスの余った素体を当てがったり、アッペンデックスのヅラパーツを用いたりしていたのだ。
      2007年の八重山旅行記はアッペンデックスのヅラパーツを主に使用している。

      その後、再販のサガマイスを買った際にフィット感の向上したヅラパーツに差し替え、カノンと差別化をはかるため腕パーツを包帯無しに変えるなどカスタマイズして現在に至る。

      双子座類の元祖と言われるだけあってEX版など多数発売されているが、うちのサイトでは旅行記などで第一線にいる。
      何故なら写真写りが良いので撮りやすいからだ。冥サガはカラリングと髪型で今ひとつ、サガEXも同上。
      EX系は首がフレキシブルな分、慌てて撮ったら首が不自然だったということがままあるので屋外では敬遠される。更に聖サガEXと聖カノンEXは顔が小さくて顎がシャープな分、首の向きが不自然だと目立つのだ。
      屋内で聖衣着せてボーズ取るなら断然EXだが、うちではそんな使い方はしないのだ。
      一周回って冥サガEXは屋内でも写真が撮りやすい。カラリングと顔が大きい分首の不自然さが目立ちにくい利点がある。

      サガマイスの変遷はさておいて、

      10周年記念…。
      その首につけているのは…。
      「私10体分なのv」
      そう、今年の2月に買ったホワイトゴールドにブルートパーズをあしらった基地外リングだ。

      ケーキとキャンドル。

      流石は平日、申し分のないやる気のなさだ。

      無印サガの独壇場、もはやこいつの誕生会。

      「さあ、存分にこの私を祝いなさい」
      何故に次世代双子座口調。


      ケーキの図。
      もう来年からは予約して買います。

      以上、2015年のクリスマスとサガマイスの変遷についてでした。
      | マイス遊戯 | 23:15 | - | - | pookmark |
      0
        念願の
        おっどさんのぬいぐるみゲット。

        …梅田のキディランド行ってもなかったし、結局ネット通販で買ったよ。
        お家でねこあつめも欲しい。

        念願のハグ。

        「おっどさん…v」

        高さが足りないのでみかんを下に置いてある。

        だいしゅきホールドをきめるサガEX。

        ちなみにねこあつめのほうだが、あったか靴下、ケーキ箱、ネコ型ドームブラックを配備しているがちっとも姿を見せない。
        缶詰や高級かりかりにした時、おっどさんは一瞬だけ姿をあらわすが、大抵その姿はなく痕跡しか残さない。
        仕方がないので今はまったりお徳用かりかりでにぼし溜めてる。

        ともあれ、おっどさんを眺めるおっ(ど)さん。

        ねこは良いから私をハグせんか。

        おっどさんとオッドアイのおっさん。

        偶然にも目の色が同じ。

        お約束。

        おっ(ど)さんにもだいしゅきホールド。
        しかし待て、お前ら二人ともサ…。


        | マイス遊戯 | 00:48 | - | - | pookmark |
        0
          射手座誕
          今日は何の日?

          「………。」

          なんとも出落ち感漂う画像だ。
          有無を言わせぬケーキ箱。


          「今年は手際良いなー管理人。最近は日付越してからばっかりなのに」
          それは誕生日の前の日が日曜日だったから。

          だが今ひとつご不満な様子。

          「あのさー、ケーキ一個ってなんか地味じゃない?なんかさ、巷でやってる黒子のバスケのキャラ誕みたいな勢いないわけ?」
          WST指折りのジャイアニスト、ケーキにケチをつけてきた。


          「部屋中を俺のマイスで埋め尽くしたり、セル画やポスターを貼り尽くして祭壇を作り、全身全霊で俺の誕生日を祝うべきだろ」
          「アホ抜かせ」
          冷静なツッコミ役登場。


          「このジャンルにはな、管理人を含めそんなマネのできる情熱的で勢いのある若いファンは少ないのだ」
          「…お前。さらっとえらいこと言ってないか…?」


          「ま、いっか。とりあえずケーキ開けちゃお」
          「…では私はこれで」

          さりげなく消えようとするが、

          「どこ行くんだよサガ?お前がいないと意味ないだろ」
          「…パエトン参謀の告別式だ。私がお前の分も兼ねて出席しておく」

          パエトンとは、小宇宙スロットルのSRガシャでよく当たる彼だ。

          「パエトンのおっちゃんなら今朝俺も会ったわ!俺も時々殺してやりたくなるときあるけど勝手に殺すんじゃない!」
          「…チッ」
          バレたか、と言わんばかりにバツの悪そうなサガ。

          いきなり死んだことにするのは些か性急だったな。

          「…では、先日ギガース参謀長が健康診断で引っかかったらしく、現在検査入院をしているのでちょっと見舞いに行ってくる」
          「え、検査で引っかかったとは聞いたけど、ギガースのおっちゃん入院してたのか?」

          ギガース参謀長とは同じくSRガシャでよく当たる彼のことだ。

          「何でも、脳細胞の一滴まで使えと言われて酷使した結果、脳腫瘍が発見されたそうだ」
          真顔で嘘をつくのがサガ。
          「脳細胞の一滴まで使えって、それ言ったのお前だろサガ。おかしーなー、俺聞いたの血中脂肪の方だったけど…」

          ともあれ、ケーキ開封。

          「ハッピーバースデー俺〜」
          「………」

          捕まった…。

          ホワイトバランスのズレで画面まで真っ青。

          ケーキと緊縛サガ。

          一体誰の誕生日なのか、どうおめでたいのかさっぱりわからない。

          そしてロウソク登場。

          「じゃあ早速キャンドルサービスだ」
          「嫌だ。縛られた状態でそんな間抜けな絵を晒すのは勘弁してくれ」
          どう言う嫌がり方なのか。

          なんだと?

          「そんなこと言ったら他の場所にロウソク挿すぞ」
          どう言う脅しなのか。
          「尻にでも挿されたほうがまだマシだ」
          どう言う強がり方なのか。

          訳のわからない膠着状態の最中、ラダマが現れた。

          「なかなか来おへんな思てたらこんなことに!」
          やっぱりデートの約束とかあったのか。


          「助けてくれ、ラダ。捕まってしまったのだ。このままだと掘られてしまう」
          「良くも俺のサガを…許せん」

          近年、翼竜と射手座は双子座を巡って対立状態にある。

          「望むところだ翼竜!今日こそ叩きのめしてくれる!」

          渦中の双子座。

          「…ああ…私のために争うだなんて…!」
          半分お前が焚き付けてるだろ。

          勝負の結果は…。


          絶賛キャンドル点灯中。

          「綺麗だな、ラダ」
          「…で、何故に俺が縛られているんだ…?」
          何故だろう。

          その足元では、

          「………」
          一体誰が主人公の誕生日なのか、わかったものではない。

          しかし、転んでもただでは起きないのが射手座。

          空かさず後ろに回り込んだ。
          「サガ…v」
          「…勝手に尻触るな」
          「!」


          気が気でないラダマ。
          「ちょっと待て、それあかん奴やん」
          「安心しろ翼竜。問題ない」
          射手座的には。
          「なんか尻が涼しいな…」
          いいのか、それで。


          以上、誰得状態の射手座誕でした。



          | マイス遊戯 | 01:15 | - | - | pookmark |
          0
            ラダ誕と近況について。
            秋もすっかり深まってきました。
            例年通り顧客対応に追われているDAWNです。
            特に10月末日あたりはうちの職場は一番忙しいのだ。
            11月15日にお参りを行うグループが「そろそろか」と言って加工のいる商品を買い始め、11月8日にお参りを行うグループが「急いで加工してくれ!」と駆け込みで加工商品を買い、11月3日グループが「小物が足りない!大至急送ってくれ金に糸目はつけん!」と泣き付いてくる。
            今年はパートさん達も大分慣れてきたのか、多忙だが今の所大きなトラブルもなく切り抜けている。
            去年の今頃は出荷の伝達ミスで発送すべき荷物が間に合わず、宝塚まで走っていた…。
            七五三戦線はここからが本番だ。
            時間の余裕が無くなって来るので、出荷のミスを起こすと取りかえしのつかないことになる。

            仕事の話はさて置いて、肝心のラダ誕当日はデパ地下で惣菜をさりっと買ってラダマンの生誕をしんみりと祝っていた。


            こんな感じ。
            皿がないので盛り付けが最悪。


            デパ地下のオードブル。

            デパ地下惣菜言うけど…。

            「トレーのまんまやないですか!」
            ラダ誕だからと三人だけ。三巨頭は?バレンタインは?


            そしてケーキ。

            サイト開設10周年だと言うのに一体何をしているのか。
            …本番は11月2日にやるから…。

            そんな感じで、仕事が忙しいのと身内が体を壊してしまい、例年よりもバタバタしていました。
            | マイス遊戯 | 01:24 | - | - | pookmark |
            0
              今日も仕事でした…。
              ハッピーバースデートゥミー

              「ハッピーバースデー、私」
              その私が何人もいるのがWST。

              終日仕事だったが、ケーキは買って来たのでこれから写真を撮りつつまったり楽しむ。

              その前に晩御飯だ。

              スーパーの惣菜だ…。
              惣菜も我が家では贅沢品なんだ。


              お高い目のスーパーで買ったギリシャ風マリネ。

              双子座類の祖。

              「私から殖えた訳ではないぞ」

              写真はiPhoneで、クローム調に加工してある。

              双子座類の祖ツーショット。

              その他の双子座類は怖くて数えていない。
              しかも7月にもう一匹殖える予定だ。

              で、双子座類を撮って見た。

              わかるだけでも11匹、チビを合わせたら13匹…。
              予備とか聖衣纏ったのとか数えるともっと殖える。

              複雑な心境の双子座類の祖。

              「どんだけいるのだ双子座類…」
              厳密に言うとクロコゲデフテロスダマシとクロサガアスプロスモドキは5/30日生まれではないと思う。

              レジェンドのサガ寺が何だか妙な事になっている。

              「…まあ大人の事情だ…」


              相変わらずドヤ顔の海龍カノン。
              「俺EXが7月に発売の予定らしいな」
              子連れで悶々とする冥サガEX。
              (…俺もまともな弟が欲しい…)

              こいつらは既に一心同体。

              「ずっと冥闘士兄さんとラブラブだよ☆」
              (…何だか取り込まれてしまった気分だ…)

              そして先日発売の新参者。

              「なにここ怖い…」
              こんな双子座だらけの家に来てしまったのが運の尽き。

              で、今年のケーキは?

              「グランマシーニューヨークだ」

              ケーキの登場にEX兄弟が湧いてきた。

              「ケーキ!ケーキ!」
              冥サガand双子座カノン兄弟は甘いものがお好きでないようだ。

              ケーキお披露目。

              その名もアメージンググレイス。
              …もちろん名前買いだ。
              ケーキ登場が嬉しいのかノリノリの海龍。

              依怙贔屓もアレなので全員配置。

              これぞマジキチ的光景。
              双子座類の名の下に良くぞこんなに集まった。しかも皆私服だ。

              右端の二人が何だか不思議なことになっている…。

              「まあ、大人の事情だ」
              伝説サガ、どうやって聖衣脱いだ…。
              こうしてみるとサガEXが身長差もあって女性に見えてしまう。

              戦慄する新入り。

              「なにここ怖い。バースデーケーキとか出てくるし」
              その感覚は正しい。
              だが直ぐに麻痺してしまう。
              | マイス遊戯 | 22:35 | - | - | pookmark |
              0
                続、チビチビ遊戯。
                相変わらずチビサガと睦まじい冥サガEX。

                すっかり自分の子供と思っている。
                これぞ逆刷り込み。
                「よーしよしよし」

                またそっちか。

                「残念ながらお乳は出ないぞー」
                すっかり親子だ。
                本当に似てる。

                そうこうしていたら、無印聖闘士版登場。

                「小さき私と仲良くやっておるではないか」
                チビサガのリアクションに注目。

                直行!

                ママー!
                「!」

                あんだけ睦まじくやってたのに!

                「こんの、裏切り者!」

                以上、チビサガ遊戯でした。
                | マイス遊戯 | 20:21 | - | - | pookmark |
                0
                  チビチビ遊戯
                  そう言えばチビチビは塗装の仕方がEXに近い。

                  EXカノンmeatsチビカノ。

                  「なんかちっこい俺がいる」

                  抱き上げてみた。

                  塗装の方法は似ているが、

                  顔は似てねぇ…。
                  「つかムウだろこの顔は」
                  それは当初から言われていた。

                  だがしかし、

                  (しかし、俺と冥闘士兄さんを掛け合わせたら丁度こんなもんかな…?もしかして…)

                  15分後、

                  「はーい、俺がママでちゅよーv」
                  恐るべきチビチビパワー。

                  すっかりチビカノに洗脳されている。

                  カノンEX「ほら兄さん。俺とアンタとの愛の結晶だよv」
                  冥サガ「…そいつはお前が発売される遥か前からおるのだがな…」
                  ニワトリよりヒヨコが先に産まれてるパターン。

                  親子三人の図。

                  カノンEX「俺、あと三人ぐらい兄さんの子供欲しいなv」
                  冥サガ「だから違う。それにお前そもそも男だろう」

                  どちらかと言うと似ているのは海龍EXじゃないかと思う。
                  現に、チビサガと冥サガEXは何か似ている。

                  「…何か俺に似てる…」
                  髪の色とか。やっとしっくり来る親サガが見つかった感じ。
                  似てる分、髪の造形頑張れと思う。


                  「もしかして俺の隠し子かな…。思い当たる相手いないけど…」

                  相手がいないと言うことは、

                  (もしかしたら俺が自分の気づかないうちに単体生殖したのかも…)
                  何でそう言う結論になる。
                  それよりもヒヨコの方が先に生まれている。

                  以上、チビチビ遊戯でした。

                  以下、私信です。

                  もりねま様
                  メルフォからメッセージありがとうございます。
                  どないして返信しようか迷った挙句、ブログにしました。

                  「チーノ」は確かに腹立ちますよね。
                  日本人からすれば黒人を指差して「ニガー!」と言って喜ぶようなレベルなので、教育の程度が低いのだと思うことにしています。
                  子供の場合は親の育て方が悪いと思うことにしています。
                  そもそもチャイニーズでないので残念。

                  東洋人は何だか目立ちます。日本人が赤毛を見て思わず注目する感覚に似ています。

                  メノルカは快晴だったせいか午後の陽射しが強烈でした。
                  これは夏場シエスタしないでうっかり外でたら干涸びると本気で思いました。

                  サグラダファミリアは興味はなかったのですが、周りから「絶対行け!」と言われて渋々行ってきました。
                  どっちかと言うとグエル公園の方行っときゃ良かったと今更ながら思います。
                  サグラダファミリアは何と最新技術で工期が130年縮まって2026年頃完成予定らしいです!
                  …技術より資金の方が心配ですが。それで100年以上かかっとるんじゃないかと。

                  もりねま様もスペイン行かれたことあるのですね!マドリッドの方でしょうか?

                  バルセロナ行きの機内で会った方に言われたのですが、個人旅行は自分の好きなところに行くのが醍醐味じゃないか、
                  絶対にこの国に来たらこれ!な名所は世界中にあるがそう言うのは他の観光客やテレビ局が行けば良いんじゃないか、と。

                  私もギリシャ行った時にパルテノンやアタロスの回廊、ミロス島に行かなかったので帰国後頭抱えました。旅には行っときゃ良かったはつきものです。

                  個人旅行は滞在できる時間も移動方法も限られている代わりに、誰も知らない街角に行くのが面白いんだとその方に言われました。
                  なんかようわからん説明ですが、バチカンのサン・ピエトロもサグラダファミリアも、入ってみたら人いっぱいでわけわからないです。テレビや写真家の方写真を見たほうがわかりやすいと思いました。

                  旅行記ですが、ぼつぼつ頑張ります…。
                  去年のイタリア編が…。

                  ではではメッセージありがとうございました。
                  | マイス遊戯 | 01:48 | - | - | pookmark |
                  0
                    お土産遊戯だ!
                    と、いうわけでスペインのお土産いろいろ。

                    先ずは、

                    エンサイマーダ!
                    エンサイマーダとはマヨルカ島の代表的な御菓子のパンで、渦巻き状になっている。


                    このエンサイマーダは不思議な引力があって、バレアレス諸島に行くと決めてからずっとエンサイマーダのことが頭を離れず、マヨルカ島・メノルカ島滞在中はこのエンサイマーダばかりを食べていた。
                    このパンは似たようなのが日本にも売られていそうだが、本場は豚のラードを使っているので独特の匂いがして胃にガツンとくる。
                    日本では二子玉川で手に入るみたい。

                    中身はこう。

                    粉砂糖をまぶしてある。


                    「エンサイマーダ!エンサイマーダ!」
                    「あんだけ現地で食ったのにな」

                    さっきからジェミニばっかりだが、

                    ここでもう一匹ジェミニが湧いてきた。
                    「お、美味しそうなケーキあるじゃん」
                    EXばっかり…。

                    怒りの冥サガEX。

                    「これはケーキではなくエンサイマーダだ!失せろ!貴様にくれてやるエンサイマーダはない!これは俺の弟に与えるのだ!」
                    普段から仲が悪いのか、強硬姿勢の冥サガEX。
                    「チェッ、なんだよケチ。7月まで待ってたら腐るぞこれ」
                    賞味期限は撮影日前後だった。

                    そしてこれがアンドラで買ったお茶。

                    「正直アンドラにはいやげものぐらいしかなくってな」
                    アンドラレリーフのマグネットとか。
                    あそこは観光地と言うか、スペイン人フランス人のショッピングスポットだから。

                    気になるお味は?

                    「飲むポプリ…」
                    それ以上は言わないでおく。


                    そんでもって空港でこんなのを買った。

                    「パンの付け添えにあってな、塗って食べたら美味かったので買ってみた」
                    日本なら成城石井とかでありそう。

                    何故に隣にアイオリア。

                    「…アリオリ?」
                    南フランスプロバンス地方やスペインのカタルーニャ地方に伝わる調味料で、ニンニクを加えたマヨネーズのことらしい。
                    アイヨリソース、アイオリソースとも呼ばれる。
                    成城石井では売ってなかったが、ニンニク入りマヨネーズなのでご家庭でも簡単に作ることができる。

                    最後に細かいお土産いろいろ。

                    …なんかトカゲもんばっかり買ってる。
                    何故かバレアレス諸島はトカゲモチーフのお土産が沢山あるのだ。

                    以上、お土産遊戯でした。
                    | マイス遊戯 | 23:52 | - | - | pookmark |
                    0

                      CALENDAR

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      web拍手とか入れてみた。

                      自作自演コメントマイスギャラリー

                      過去のすぴばるログはこちら
                      ※2016年4月末日をもってサービスを終了となるため過去ログ倉庫となります。

                      ANOTHER PAGE

                      SELECTED ENTRIES

                      CATEGORIES

                      ARCHIVES

                      MOBILE

                      qrcode

                      LINKS

                      PROFILE

                      SEARCH

                      無料ブログ作成サービス JUGEM