突然ですが、鳥羽に行って来ました

先週の土曜日、いきなり思い立って三重県は鳥羽に行って来ました。

金曜日の夜、あまりの怠さに仕事から帰ってすぐ寝たところ、土曜日の結構早い目に起きてしまったのだ。
で、掃除洗濯月曜日の弁当まで作ってしまったので、日曜日はどっかに遊びに行かないとそりゃ勿体無いだろうと行き先をいろいろ検討した結果、ふらりと鳥羽に行って来ました。
日曜日の朝からとかだと絶対に朝寝坊してどこにも行く気を無くすので、土曜日の夜から出発した。
当初の行き先は正月以来何と無く行きたかったお伊勢さん。お正月は殺人的に混むだろうが、流石に6月ともなったら空くだろうと思っていた。…が、鳥羽、伊勢ともに近隣の旅館は一泊二万級以外全滅。
悪くない値段はことごとく駅から遠く、公共交通機関しか使えない弱者には厳しい。

鳥羽・伊勢エリアは全滅。だったら名張、松坂で探したがやっぱりない。
奈良県で手を打った結果、大和八木に決まった。少しお高いが、当日いきなりなので仕方がない。

まずは京都駅まで山陰線で出る。

今回は西院に住んでいるので、丹波口まで歩いた。


京都からは近鉄急行で大和八木へ。

今日もナビタイム様がご活躍。

「この電車に乗れば小一時間ほどで乗り換えも無く大和八木へ向かえるだろう」とのこと。特急も早そうだか特急料金は惜しい。
そうして大和八木へ。

着いて思ったが、大和八木は大阪方面と京都方面との分岐点のようで乗客が多く繁華街もあった。

一応、明日に備えて乗り場を覚えておく。


そしてお宿へ。

シングルでとったはずだが、これはシングルなのか…?

このベッドの存在感は…。まさにカニ部屋だ。
カニ部屋とは?-部屋の間取りに対してベッドが大きすぎることから室内の移動がカニ歩きになる部屋のことで、昔別府の格安の宿に泊まった時に室内を横歩きで移動しながら命名した。

ホテルの但し書きにもあったが、備え置きの机は無いので折りたたみの補助机になると言う。テレビ前は通れるが、ベッドサイドのティッシュを取りに行く度カニ歩になった。

しかし、ベッドの照明は非常に凝っていた。

壁の模様が浮き上がるのだ。

 

ベッドの広さにテンションが上がる。

早速枕にダイブ。

寝転ぶ兄ちゃん。

が、ここで捕まった。
一方のラダマ。

隣のサガに何か違和感。
「あれ?じゃあ俺の隣にいるのは一体誰?」



よく見なくてもEX版。
「………」

 

前もこんなネタあった。

「馬鹿め!引っかかったな!実は俺は影武者よ!」

 

騙す方間違えてる。

「こんの役立たずが、騙すのはこいつだ…」
多分、EX版も役に立つ気はない。


一夜明けて。

ホテルを早々にチェックアウトして大和八木駅へ。
ホストのお兄さんやお水のお姉さんが闊歩していた繁華街もすっかり昼の顔。

 

おはよう、大和八木駅。

そして、ここでもお金をケチってひたすら急行を乗り継いで鳥羽まで向かう。
近鉄はピタパが使えるので、お伊勢さんか鳥羽かどっちが好きな方に降りようと思っていた。


特にお伊勢さんは修学旅行は台風で行けず、家族旅行は身内の体調不良で行けなかった悲願の地なのだ。
だが、いざ行こうと思ったがお伊勢さん、伊勢市と五十鈴川と宇治山田、どこから降りたらいいんだ…。
そして、ネットで調べるうちに内宮&外宮システムの存在、お参りに順序があることとまずは地元の氏神様からというシステムにすっかり心が折れた。
いや、観光でお伊勢さん行く人だってそこまで本気で参っていないだろうと思うが、そうだ地元の氏神様の挨拶まだだったとあっさり鳥羽にルート変更した。

大和八木を出た電車は名張、伊賀、青山とどんどん山深い地を駆け抜けて三重県へと近づいて行く。

青山の図。
車窓風景を眺めながら奈良県から見て、三重県か和歌山県かどちらの県境が秘境なのか考えていた。

大和八木から1時間半以上揺られたのち五十鈴川で乗り換え、そして程なく鳥羽へ。

こんにちは鳥羽。実は小学校の修学旅行で来たことあるんだ。


鳥羽港。離島への船もあるみたいだ。

 

伊勢湾と海龍。

よく考えたらWSTって三重は未進出じゃないか?
「静岡・岐阜・茨城・埼玉・千葉・山梨・岩手もだぞ」

とりあえず、鳥羽水族館とミキモト真珠島かと思ったが、鳥羽港から離島行きのフェリーや湾岸クルーズもあり結構アクティビティが充実している。


こーんなふざけた遊覧船も。

「これあかん、乗ったらジジイになる奴や」
あやしいお土産をもらった場合に限り。


そんなこんなで、ミキモト真珠島は修学旅行で行ったのでまあいいやと思えて来た。

とりあえず鳥羽水族館へ。こっちも修学旅行で行ったじゃないか。

久しぶり、鳥羽水族館。
入場料はほんの2500円。たっけえ…。名古屋港レベルじゃん…。

 



しかし、入ってわかる。確か日本で最多の生き物を扱っている水族館で、館内が非常に広い。
スナメリ、イロワケイルカ、ジュゴン、マナティ、アシカ、アザラシ、こんだけ海獣がいたらさぞかしコストがかかるだろう。



スナドリネコ。反射きっつい。



ミシシッピワニ。


バイカルアザラシ。
ふと思った。淡水って水綺麗。

 

海水は栄養豊富だから水が濁るのか。

こちらも淡水魚展示。



そしてフンボルトペンギン。


ここで飼育しているのはフンボルトペンギンのみだった。

鳥羽名物の例の水槽には誰も泳いでいなかった。
どうも、繁殖期なので水槽ゾーンは隔離みたいだ。

繁殖中。

香箱座りのフンボルトペンギン。和む。

コツメカワウソ、寝てる、ひたすら寝てる。


いいのか?っていうほど寝てる。



展示が多くて見ているだけでお腹いっぱい。
気が付いたら水族館だけで4時間近くを費やしている。

水族館でぼけっとしている横で幾度も伊勢湾フェリーが出入りしていた。
何と無く乗ってみたいが、乗ったその後は名古屋経由で戻らねばならない。時間とコストがかかるだろう。

 

駅に戻ってみたら帰りの客でごった返していた。

何故だか知らないが京都へ直通の特急は16時で終わるのだ。特急しまかぜの予約状況は満席。

水族館だけ見て帰るのもなんなので、温泉に入って帰ろうと思った。

近くに鳥羽温泉郷があるみたいなので、駅から最寄りの日帰り温泉に入って見た。
そこの温泉は驚くなかれ、無料制限時間なしで個室風呂に入れるのだ!

 

と、言うことはこんなのが出てくる。
めっちゃぼけてる。

興奮してiPhoneを湯に浸けかけた。

ウォータープルーフだが心臓に悪い。

「なかなかいい湯だったと言っておく」

個室風呂は全部で5つ。他の個室も空いていたので入ってみる。


なんと、シャコガイの浴槽…。


「とか言って、一番入りたかったのだがな」



「気分はビーナスの誕生だ」


シャコガイ流水風呂に打たれてみたり。

もう、力の限りふざけている。

そして展望風呂へ。ここは割愛。

個室風呂に通りかかったらまた空きがあったので入ってみた。
 

流石に食傷気味。

「もう、何が何だか分からなくなって来たな…」

だが入る。

「浴槽三つを1人は勿体無いな」

 

…これらの個室風呂は無料で制限時間無しだが、この様に非常に狭いので浸かることしかやることがなく、非常に回転が速いのだ。

そんなこんなで遊んでいたら6時を回ってしまった。

もう流石にこの時間になると駅構内はガラガラ。
18時35分の大阪方面行きの特急があったので慌てて乗った。
特急券を買わずに乗ったので車内販売で買うこととなった。

一応、近鉄特急は全席指定となっているが、車内で特急券を購入した場合は自由席扱いになる。

どこの席に座ってもいいが、その席を購入した人間が来た場合は退かねばならない。

だがその心配は必要ないぐらいガラガラ…。

 

だからこんなの出てくる。

「油断したらあかんでー。伊勢市辺りからお詣り帰りの人らがめっさ乗って来るかもやでー」

一応、身構えてはいたが殆ど乗ってこない。

肩透かしかと思っていたら伊勢中川で結構乗って来た。だが、席移動をするほどでもなかった。

 

特急は山深い地を超えてひた走る。

 

そして、大和八木駅で京都行に乗り換えだ。

特急は上本町行きなのでここで乗り換え。

 

そうして京都に到着。

ただいま、京都。

 

こんなに可愛いペンギンの銅像がお迎えだ。

 

で、流石にしんどいので西院まではバスで帰りましたとさ。

 

以上、鳥羽小旅行レポートでした。

| 旅行先より(携帯からの送信) | 18:50 | - | - | pookmark |
0
    anniversary!
    7月に瀬戸内海の島に行って以来、杳として状況のわからないDAWNです。

    例年通り七五三戦線が激化して死んでいましたが、流石にこの日は浮上して来ました。

    日曜日でせっかくなので、ホテルのスパ付きプランで過ごしています。
    ラダ誕に託けて贅沢したいだけですねそうですね。ただし明日は早起きしてホテルから出勤しなくてはならない。
    会社行きたくねぇ…。
    流石に土日は京都市内のホテルの予約は取れない。日月だからこそできる。

    ともあれ、お部屋はこんな感じ。





    お風呂とか何かオシャレ。

    ちょうど良い出窓があった。

    夜はラダ誕会場。

    「何で人数少ないか言うたら持ってくるのがめんどいだけなんやで」

    夜景をバックに満悦のアッペンラダ。

    こいつは持って来たのか。

    「やーん。俺の誕生日パーティ?嬉しぃーv」
    そう言って去年も割り込んでいた。
    「また貴様か!失せろ双子座カノン!」

    こいつらまさに天敵同士。

    「せえなぁ。へタレ翼竜。劇中俺に歯が立たなかったクセに。またGEXでぶっ飛ばされてえか?」
    「あれは不覚をとっただけだ!今度こそぶっ飛ばしてくれる!」
    さっさと始末しろと言わんばかりのバレンタイン。

    ラダ誕とかどうでもいいー。

    聖サガ 「良いスパであった…。スパさえ満喫できればどうでもいい…」
    冥サガ「いいちこさえあればどうでもいい…」
    普通に呑んだくれている。


    サガどもが呑んだくれている横では、

    「さーて皆さんここで…」

    恒例のコレ。

    「ケーキがあります」

    今年もヴィタメールのミロワールカシス。

    「ラダ誕でのミロワールカシス出現率は高い」
    なんとなく雰囲気がラダマンを思わせるから。

    その頃のサガは、

    「もう一風呂入ろうかな」


    ケーキがあると湧いてくる。

    「お前ら毎年気が利くな。1ヶ月先の俺の誕生日を祝ってくれるだなんて」
    「10日先の俺の誕生日祝ってくれるだなんて」

    またお前らか。

    「貴様らにくれてやるケーキなどない!」
    どうでもいいが、なんで叫び顔はバレンタインの方が迫力あるのだろう。


    いやー、俺ら叫び顔持ってないしー。

    同じく。

    「俺なんかこの顔一丁裏やし」


    そうだラダ誕でした。

    ラダマン三段活用でお誕生日感演出。
    「一頃は5人以上いたから大分落ち着いたと思うで」
    ちびラダ持ってくんの忘れた…。

    3人寄れば何とやら…。

    「…では、この中で誰が一番ラダマンティスとして相応しいか勝負しようではないか…」
    「そうだな。誰が至上のラダマンティスか勝負しようではないか」
    「え、まだやってたん?」
    早々に棄権の気配のラダマイス。


    そして、

    「誕生日を祝って貰えるとは良いご身分ではないかラダマンティス」


    「ああ、良い湯だったv」
    こいつだけ目的を忘れている。

    こいつらも。

    「兄さんたら〜、そんなところで寝てたらXXXが風邪引くよ?温めてあげるv」
    「………」


    「来年もこう言う形態でやるのか…?」
    休みが合えば。


    以上、2016版ラダ誕大会でした。
    | 旅行先より(携帯からの送信) | 20:06 | - | - | pookmark |
    0
      海の日だ!
      皆さん、三連休の最終日、いかがお過ごしでしたでしょうか。

      私はひっそりと香川県は高松市で離島巡りをしていました。

      高松へは金曜日の夜にジャンボフェリーを利用。何と、三ノ宮から高松までほんの2,000円やそこらで行けるのだ。ただし、ほんの5時間ほどかかる。
      安さゆえか人多過ぎ。
      昔別府行きが連休でもガラガラだったからナメて掛かってた。
      何と、ゴザがロビーのそこかしこに敷かれているのだ。

      帰りの便もゴザは健在。
      多分、カーフェリーなので家族連れのお客様が多く、みんなが揃って座れる空間が少ない為の配慮じゃないかと思う。

      で、鬼ヶ島に行って洞窟で鬼の大将と会ってきたり、




      男木島で猫を眺めたり。
      写真はない。

      翌日は直島でアートに触れたり。
      これも写真なし。
      本当にどこもかしこも人が多かった。

      そして今日から瀬戸内国際芸術祭があるらしく、国内外を問わずすごい人。

      今日は高松市内を自転車で徘徊するかと思っていたが、偶然大島行きの整理券配布に遭遇し行き先変更。
      絵本作家達のアートとハンセン病施設について学んできた。

      で、最初にうっかり往復券を買ってしまったのでまたフェリーで5時間ほど掛けて三ノ宮まで戻るのだ。

      直島→豊島→宇野のルートが凄く魅力的だったが、岡山から在来線で帰ろうとするとなかなかの労力なので、速やかにジャンボフェリーを利用させて頂く。
      | 旅行先より(携帯からの送信) | 18:14 | - | - | pookmark |
      0
        東京にいました。
        すぴばるで私は東京にいますと投稿したがその東京から絶賛帰還中のDAWNです。

        1日目は江戸川自然動物園と近所のイオンモールを往復し、夕方から大江戸温泉物語浦安万華鏡に行った。
        江戸川自然動物園の図。


        フンボルトペンギンのお話を聞くためだけに遥々東京まで来た。


        ペンギンを見飽きたら公園内をぶらぶら。




        温泉物語だが、お台場にもあったが、西葛西からならば浦安の方が断然近かった。

        そして仲御徒町で宿泊、翌日は上野のアメ横と上野公園不忍池、そんでもって浅草をぶらぶらして水上ラインで日の出桟橋までやってきた。
        着いた時間がなかなかなのでそのまま東京湾レインボーブリッジをクルーズ。
        そして浜松町から東京駅へ向かい、新幹線に乗って今に至る。
        水が好きなのでひたすらクルーズに金を落とした1日だった。

        クルーズ船からベイブリッジを撮ってみる。

        浅草の図。

        浅草界隈は人が多すぎて歩くので精一杯。何も買わず何も食べずに戻ってきた。だって、屋台とか物凄い行列だし。
        リュック背負って歩いてたら小ポケットのチャックいつの間にか開いてた。紙屑しかいれてなかったけど。くわばら。

        東京は見所がたくさんありすぎてようわからん、と言うのがいつもの印象。

        取り敢えず田舎者の私には都営地下鉄と東京メトロの区別が付かんのだが…。
        メトロを主に使っていたのでメトロや〜と思って喜んで地下に入ったらなんかおかしい。駅名は似ているが私が覚えている路線図と微妙に違う。よーく見たらいちょうマークの都営線。間違えたと思ってもコンコースの向こうにメトロの改札が。こんなに近くて路線も似てて競合してそうやけどええんか?
        関西で言う阪神と阪急の違いのようなものだろうか。梅田−三ノ宮間は両社競合していてどっちがどっちかわからない。
        また、東京メトロは乗り継ぎ改札とか言うブービートラップもある。
        ぼけっとしてると一般改札で切符回収されて終わるのではないか?

        そして御徒町を現地に着くまで「ごとまち」だと思っていた。

        最強にようわからんかったのが大手町での丸の内線→東西線への乗り換え。
        降りた場所が悪かったのかおそらく一駅分歩いた。
        矢印に従って延々歩いた。ビルをいくつも通過した。すると東西線の乗り場が見えてきた。
        そして、東京駅丸の内口への矢印も…。
        これなら東京駅から直接東西線乗った方が早いんじゃないのか。
        ナビタイム様のご神託に従ったはずなのに…。土地勘無き者は取り敢えず大手町で乗り換えろという思し召しか。

        あと、新幹線は取り敢えず指定席とったが往き帰りどっちも予定よりも早く駅に着いたから早い目の新幹線に予約変更したら往復とも喫煙デッキ近くの車両に回された…。
        窓際は人気があるので必然的に人気のない席に回されるのだ。
        さっさと帰りたいなら通路側か真ん中しかなくなる。
        間際で席を取るのも間際で予約を変えるのも同じことなので致し方ない。

        と、いう訳で京都に着いたら二条駅でご飯食べてお家へ帰ります。
        | 旅行先より(携帯からの送信) | 18:36 | - | - | pookmark |
        0
          下関→鳥栖
          皆さん、三連休はいかがお過ごしでしょうか。
          私は今佐賀県の鳥栖にいます。

          …いやあ、五連休で行った長崎ペンギン水族館があまりにも良かったから連休終わって速攻飛行機のチケット取ったんだ。
          しかし長崎市内は二ヶ月前から全滅だったので鳥栖に泊まることとなったのだ。

          先ずは金曜日の夜に新幹線に乗って一路小倉まで。
          そっから下関に向かい、海響館でまたしてもペンギンを眺めてきた。


          久しぶり。関門海峡大橋。


          「来てやったぞ下関!」


          ペンギンかわええ。癒される…。

          そしてお昼は唐戸市場へ。


          お昼と言っても午後3時過ぎが狙い目。
          何故なら閉店間際でお寿司が値切られるからだ。

          一パック500円!スーパーと変わんないじゃんと突っ込まれそうだが味が全然違う。


          肉ANDトロ寿司パックは3個500円。それに300円の海老フライをプラス。
          結局お昼に1000円以上費やしてると言わないでそこのあなた。

          で、夕方下関を発って鳥栖へと向かう。
          何気に2時間半掛かる…。博多までが遠い…。
          で、午後8時前に鳥栖到着。
          恙無くホテルにチェックイン。

          佐賀と言えば…。

          「また来たぞ佐賀!」
          頭の中の日本地図がおかしい男の登場だ。下関も佐賀県と断言する。
          こいつの日本地図はおかしいが、鳥栖は佐賀県で合っている。

          だがここで、

          「馬鹿め!鳥栖は福岡県の一部!言わば福岡の植民地よ!」
          なんたる発言。
          「なんだと貴様…」

          怒りのあまり掴みかかる。

          「なんということを言うのだこの悪魔!撤回せよ!」
          「うはは!事実を言ったまでだ!」
          怖いもの知らずそれが海龍カノン。
          喧嘩に発展しつつあるのをビビりながら見守るラダマ。

          何故に鳥栖?それはホテルが安かったからだ。佐賀市内になると少し値上がりし、長崎市内は先に言ったように数ヶ月前から全滅…。
          だが安い分落とし穴があった。

          頭を抱える工程担当。

          事情を知らないラダマ。
          「今回も双子座類だらけやなあ。俺ら肩身狭いなあ」
          「そっちじゃねえ翼竜、俺たちは佐賀県を甘く見てた…。鳥栖から長崎に行く在来線が朝の6時と昼の11時しかねえ…」

          鳥栖が安いのには訳がある。

          「特急も半分が佐賀止まりだ…。思い出したら佐賀駅の時刻表ってほぼ真っ白だった…。ダメじゃん佐賀!」
          「何やその佐賀から脱出できないフラグ?」
          まさにアナザーディメンション状態。
          その後ろには弟EX。
          「サガがダメなのは前からだろ。今更気付くなよ」
          その膝の上に乗せてるのはなんだ?

          ダメじゃんなんて言うから囲まれた。

          「…誰がダメだって?テメー、俺たちに喧嘩売ってるのか?」
          今なら3連コンボでGEXが貰えます。
          カノンEXの膝の上で知らん顔の無印冥サガ。

          とは言え鳥栖は熊本・鹿児島方面への重要な分岐駅です。

          サガ…。

          「私もしばきに参加すべきなのか…」
          「ほっとけ労力の無駄だ」

          明日は少し早起きだ。
          …何故なら長崎駅にてコインロッカー争奪戦があるからだ。
          あれも早朝に取らないと無くなってしまう。

          | 旅行先より(携帯からの送信) | 23:16 | - | - | pookmark |
          0
            ラダ誕生なう?
            こんばんは。遅ればせながらラダ誕の収録に勤しんでいるDAWNです。
            …とは言ってもホテルに泊まってマイス遊戯に興じているだけ。金にモノを言わせておる。
            スパに行ったらそりゃあ時間がないだろうと思い夜景を選ばせていただきました。
            これでWSTも10周年を迎えました。
            思えばこの10年いろいろ…ありませんでした。てへ。
            年々サイトのアクセスが減少しており、存続意義があるのか疑うレベル。多分、リンクしているサーチサイトとかもとうの昔に閉鎖されていると思う。新たなサーチサイトは知らないし今から探す気もない。

            サイトの相続はサーバーとドメイン代もう払ったので頑張る。
            この10年であったことは強いて言うならあちこちに旅行したぐらい。海外旅行に一人で行ったぐらい。
            今年鹿児島を制覇したので日本中足を踏み入れたことのない都道府県はないよ。
            …ほぼ素通りした北関東や岐阜長野、岩手、道東・道北はまだ未踏…ああ、まだまだ行くところあるなあ。

            ともあれ今年がその10周年なので誰もいないところで一人ひそかにダイヤのリングを買ったりホテルでひっそりお祝いしたりして頑張っているのだ。


            大阪某所のホテルのシングルルーム。
            こんなところ土曜日は絶対に無理だが今日は平日料金だったのだ。ありがとう文化の日。ありがとう飛び石休日。三連休だったらなす術もなく家で腐っていた。

            夜景はこう。

            ありがとう…ry。
            で、ここで管理人は重大なミスを犯しiPhoneのケーブルを持ってきてコンセントを忘れたのだ…。フロントに行ったら貸してくれるんだろうが、iPad持ってきたからもういいや。機内モードにして放置。


            こんな感じでラブラブモード。
            もうね、たった一晩のことだし持ち込んだよ。

            夜景をバックに優雅にテーブルが、

            ここで沸いて来たからカノンEX。
            「やーんv俺の誕生日企画ー?嬉しいー」
            激怒の翼竜EX。
            「失せろ双子座!これは翼竜による翼竜のための神聖なる集いだ!」
            なんでカノンEX。買って届いてきた日が11/2日なのだ。
            「っせえヘタレ翼竜、またGEXでぶっ飛ばされてえか?」
            相変わらずのラダマ。カノンEXは何故オカマタレントみたいなキャラなのかひそかに悩んでいるのだ。
            背後ではラダバレで完全に二人の世界。

            夜は更に更ける。
            | 旅行先より(携帯からの送信) | 23:48 | - | - | pookmark |
            0
              関西へ戻ろう。
              秋の大型連休最終日、皆様いかがお過ごしでしょうか。
              私DAWNは長崎でペンギン三昧な2日間を過ごしたのち、本日飛行機で関西へと戻ります。

              5年前も来たけど、やっぱり長崎良いところ。
              また来たい。


              一夜明けて朝、窓から空港が見えた。
              シービューだったのか知らなかった。

              空港までバスでほんの15分足らずなので10時のバスでも間に合うのだが、連休最終日で空港が混雑しているような気がしたので1時間早いバスで空港に向かうことにした。

              大村バスターミナルの図。
              広くて程よい廃れた感がある。なんかメノルカ島のマオンバスターミナルを思い出す。
              また、乾いた風が吹き抜けて気持ち良い。

              …気持ち良く過ごしていたが…。
              バス来ない…。
              まあ、飛行機の時間まであと2時間あるし…。
              バスが来ないと乗り場間違えたのではないか、バスを見過ごしたのかと気が気でなくなる。

              来た!と思いきや諫早行き。違う。

              そして空港行きバス登場。

              乗り場あってた。よかった。
              遅れてきたからか運転がちと荒かった。

              空港に着いたら予想通り物凄い混雑。
              …ANAカウンターが。
              11時前に東京行きがあるので凄まじく混んでいる。
              何回も空席待ちの案内をしている。


              右神戸行きのスカイマーク、左東京へ向かうANA。


              右神戸行きのスカイマーク、左駐機場を出るANA。
              なんでこんなに写真が細かいかというと早くに保安検査を潜って暇だからだ。

              スカイマークも満員御礼。流石は大型連休最終日。
              スカイマークは混雑防止の為に窓際席を先に搭乗させる。
              余裕の窓際席だったが、通路側に座っていた方が優先搭乗だった…。意味ないじゃん。

              さようなら長崎空港。



              眼下に九州の平野部が見える。
              どの辺を飛んでいるのだろうと思っているうちに次第に雲が多くなって来た。
              天気予報では九州地方の天気はこれから下り坂だ。
              雲を見ていると、景色のその退屈さに睡魔が襲ってきた。


              幾度もうとうとして気が付いたら神戸上空。
              どんどん高度を下げている。


              無事着陸。

              後はお家に帰るだけなので、のんびり回転寿しで待っていた。
              今気づいたけど、一番最後に飛行機から降りて手荷物受取所に向かうと、ちょうど回転寿が回り出すタイミングになるんだな。

              だが、この記事を書いているうちに眼の前をスーツケースが通過していった…。
              もう一周に挑戦だ。


              そしてポートライナーで三ノ宮、三ノ宮からは阪急で京都まで戻るぞ。
              明日からは仕事なので、家に帰ったら滋養強壮剤を飲んで早めの休養を取るぞ…。

              飛行機は実質の移動時間は短くても空港まで向かう時間+保安検査で目的地への到着時間は新幹線と変わらんぐらいだが、早割だと新幹線の約半額だし、何より楽なのでまた九州行くときはお世話になると思う。
              それまで神戸発着便を存続してくださいお願いしますスカイマーク様。

              以上、シルバーウィーク長崎紀行でした。
              | 旅行先より(携帯からの送信) | 09:16 | - | - | pookmark |
              0
                ペンギン水族館へ行こう。
                秋の大型連休、長崎を徘徊中のDAWNです。

                今日は長崎ペンギン水族館に行ってきました。
                昨日のように石岳展望台→森きらら→九十九島→と言った劇的変化はありません。
                一日中ペンギン三昧。
                10時半にやって来て閉館まで居座った。


                朝、県営バスで水族館前まで向かう。
                祝日限定で行き帰り共に1時間に3本バスがある。有難い。


                ペンギン専門の水族館だが、魚も一部展示している。
                驚きの入園料は510円。ペンギンに特化したからこそ実現するロープライス。


                葛西臨海公園と言い、ロープライスを実現しているのだからもう少し頑張れよ京都水族館と思う。
                …多分、イルカを飼うと金がかかるんだと思うが。


                お化けリウム展。

                ワラスボ。

                干物が佐賀の名産品。

                そして、

                長寿ペンギンぎん吉様及びぺぺ様の剥製。
                おお!会いとうございました!


                そして皇帝ペンギンのフジ様。
                …剥製の保管について、もう少し何とかならんだろうか。技法が古いから何ともならんのだろうか。

                ペンギンゾーン。

                ケープ、マゼラン、フンボルトの三色盛り。
                スフェニスカス好きにはたまらない構成。
                そして吹き溜まりなのか臭いもすごい。
                凄まじい魚臭。漁港か釣り餌の臭いがする。


                こちらコガタペンギン。


                そしてペンギンビーチ。
                ペンギン達が海で泳ぐのだ。


                このようにビーチでゆっくりとくつろぐペンギン達が見られる筈だが…。
                こいつらはたまたま餌の時間が近いので溜まっているだけで、殆んど泳いでいた。

                ご飯が待ち遠しくて上がってきた食いしん坊のコハルちゃん(♀)。

                こんなサービスもショットも撮らせてくださる。

                かわええ!


                だが、ペンギン達、餌の時間が終わると殆んど皆沖の方で潜っていた。
                なんじゃろうと桟橋から覗くと水中で何かを必死で追いかけている。
                きっと、網を潜って入り込んだ小魚を追いかけているのだと思う。
                …絶対に小魚を食っている。

                一方亜南極室。

                キングペンギンご就寝中。
                前から見ると首が無くなって見えて奇妙だ。

                それから一日中ペンギンを眺めたりペンギン書籍を読んだり、ペンギンに餌をやったり撫でたりして過ごす。
                ハッピーちゃんとコナツちゃんに触ったよ。

                午後3時になって、ビーチペンギン撤収タイムがやって来た。

                餌でおびき寄せてペンギンを引き寄せるも…。


                …すぐ海に逃げられる。
                どうも、海で泳ぐのが楽しいらしく、帰りたがらないようだ。

                しまいにはカヤックが出て来てペンギンを浜に追いやるも、なかなか難航している様子。
                海に入られると人間にはどうしようもないのだ。

                一瞬の隙をついてペンギンを保定し、ゲージへと運ぶ。

                徐々に捕獲ペンギンが増えて行く。


                ユキちゃん。好奇心旺盛で、海の中でも必死に遊んでいた。


                一旦ゲージに閉じ込められると驚くほどすんなり飼育室に戻って行く。
                やっぱ海が良い!と言って海にダッシュするペンギンはいないのか。
                ちなみにあいつらよちよち歩きのイメージがあるが、4足になるとなかなか速い。

                その後、ペンギン達の餌やりタイム。
                なぜだか知らんがフンボルト達は飼育員に必死で餌鳴きしており、ケープとマゼランは黙々と餌を追っていた。
                この差は一体?


                この白と黒のペンギン達のうじゃうじゃ感がたまらん!
                序でに臭いもたまらん!

                ペンギン好きにはたまらない空間。また行きたい。


                その後、JRで大村駅まで向かう。
                何故に大村。空港まで目と鼻の先だからだ!
                バスでほんの12分。諫早か迷ったが、やっぱり大村の方が移動が楽。

                そして、気になる晩ご飯は…?

                長崎名物ちゃんぽんだ!
                食べに行くのめんどいので出前とったよ
                。ただ、注文の品をフロントで受け取るので、どうやってホテルの部屋の鍵開けるんだと本気で悩んだ。


                騒然とする肉派。
                「何??肉は無いのか??」

                肉は肉でも…、

                魚肉!
                「長崎産鯵の刺身だ!」

                不満の肉派、

                「ざけんなまた魚かよ…。神戸着いたら神戸牛食いたいわ」


                折角なのでちゃんぽんと副生徒会長(仮)。
                「またコゲが縮んだ…」
                でも色ぜんぜん違うじゃないですか。


                長崎と縁が深いのでちゃんぽんとも撮ってみる。


                オッサンに切り替え。
                「肉ねえのかよふざけんな…」


                さっきも書いたが鯵は長崎産。

                長崎だと?佐賀関の鯵ではないのか?

                「関鯵じゃないのか??」
                「あのなー、ここ長崎。佐賀関鯵は大分だろ?」
                「何を言う、大分も長崎も同じ佐賀県だ!」
                「お前の頭の日本地図どうなってんだ」

                そうだここは九州だった。

                「醤油、甘!」
                「スーパー備え付けの醤油だったな…」
                関西人の舌には慣れない。

                WST恒例のアレ。

                「そんなもん見てはならん!」
                「いいじゃんケチ〜。ここもありきたりのしかないけど」
                ちょっと廃れた感じのビジネスホテルだと結構マニアックなのがあったりする。


                「そう言うのを見るのは良くないからやめなさい」
                「うん。冥闘士兄さんが言うならそうするよ」
                「………」
                なんでそいつの言うことだけを聞くのか。


                ホテルの窓から月が見えた。

                大村の夜景と撮ってみる。

                「うん、なかなか良かったぞ長崎の旅」

                最後に副生徒会長(仮)と。

                また長崎に行くことがあったら持っていくかも。
                今度は軍艦島行きたい。

                明日は午前中の便で神戸に戻るぞ。
                | 旅行先より(携帯からの送信) | 18:06 | - | - | pookmark |
                0
                  佐世保へ行こう。
                  連休3日目、如何お過ごしでしょうか。
                  長崎を彷徨っているDAWNです。

                  今日は佐世保は森きららに行ってきました。
                  いやあ、フンボルトだから絶対に水族館だろうと思っていたら、動物園の方だった。危ない。

                  朝一のバスで森きららに着くも開園前。
                  並ぶ気力が無いので何となく展望台へとてくてく歩いてみた。


                  展望台の図。
                  ラスト・サムライのロケにも使われたとか。


                  九十九島が一望できる。


                  「神だ!このカノンが大地と海の神になるのだ!」
                  久しぶりのご当地シャウト。


                  「九十九島は俺のものだ!九十九とか言って実は208あるけどな!」
                  これぞ過小広告。


                  森きららへの道中に造船所(SSK)が見えて大興奮。
                  じっくり見たい。

                  副生徒会長(仮)で撮ってみた!

                  朝一で人が少ないから出来る暴挙。マイス撮るだけでも十分暴挙。


                  九十九島とも撮ってみる。
                  ちょいピンぼけ。

                  好き勝手した後で森きらら動植物園に入ってみる。



                  ツシマヤマネコ!
                  …上の金網でご就寝中なので逆行して見えない。

                  サル。
                  逃げられないように電線張ってある。

                  ガリガリのニホンザルやな思うたらマントヒヒやった。


                  空を見上げる哀愁の禿鷹…と思いきや、カメラ構えるとこっち向く。


                  狙い過ぎのミーアキャット。
                  ご丁寧に体重まで教えてくれる。

                  そして皆さんお待ちかね、このために佐世保へ来たと行っても過言ではないペンギン舎。

                  フンボルトペンギンを全方位から見られるよう、三階建てになっている。
                  フンボルトペンギンの展示に日本一金をかけている動物園ではないのか?


                  建物脇の覗き窓から泳いでるペンギンの姿が見られる!
                  …も、誰も潜って来ない。

                  だが真下から見ると、

                  おお、ペンギンが空を飛んでいる!正しくは空を浮いている!


                  二階からは覗き窓のガラスが反射して床に水面が見える。


                  うろうろしているうちにペンギンガイド開始、お兄さんの周りをうろうろしているペンギンのさくらちゃん可愛い。


                  人口育雛なので物凄く懐いている。
                  可愛い。


                  餌も水の中へ取りに行かず手渡しだ!


                  ちなみに二階からはこんな感じでペンギン達が見られる。


                  しかし見えるのはお腹だけ。
                  ほとんど誰も潜らない。


                  潜らない…。


                  こんな格好で浮いてうとうとしていた。
                  しかも結構な数がこうやって浮いている。


                  陸上でうとうとしているのはほんの数羽で他は皆水に浮いていた。

                  もしかしたら環境に慣れなくて安全な水の上で寝ているうちに常態化したのかもしれない。

                  ペンギンを見た後は、無料シャトルバスで海きららに行ってみることにした。
                  …が、動植物園を出たら入場待ちの凄まじい長蛇の列が。
                  これが連休晴天パワーか…。

                  で、遊覧船のパールクイーン乗るかと思ったらこれまたチケット売り場が凄まじい長蛇の列。
                  ソフトクリームを買うにも長蛇の列、ハンバーガーを買うにも長蛇の列。…なんか嫌になってきた…。
                  パールクイーンの予約はちょっとしたアトラクション並みだ。大人気の海賊船風のパールクィーンミライの出航を見たが、甲板に人いっぱいで難民船状態だ。
                  人混みに帰ろうかと尻込みしたか、ここで帰ったら一体何のためにパールシーリゾートに来たかわからないし、他にやることもない。
                  隣の小型遊覧船の乗船券販売カウンターは大して混んでいなかったので、パールクイーンの1400円から650円課金して予約してみた。

                  その昔青海島のクルーズ船が結構早い者勝ち的な席取りだったので窓際は諦めて取り敢えず乗れればいいやで臨んだ。

                  どんな船かほぼ予備知識なしで乗った。



                  なんじゃこの内装は。


                  結論から言うと、これは650円課金する以上の価値がある。
                  流石リラックスクルーズ。
                  遊覧船はゆったりと昼下がりべた凪状態の九十九島を50分間巡った。


                  さっき展望台から見た九十九島を今度は海から。


                  海はベタ凪。
                  波は全くない。


                  九十九島はこんな感じの小さな入江や砂浜がいくつもある。


                  九十九島と私。


                  それからバスで佐世保駅まで戻る。
                  流石連休、半端なくバスが混んでいる…。
                  あ、往復バスなら1日乗車券買えば良かった…。また両替しなくちゃ。


                  長崎まで電車かバスか迷ったが…。30分間隔の利便性に負けて高速バスに。

                  日本地図を頭に焼き付けながら、進行方向どっち側に海があるか考えながら乗る。朝、よく考えずに乗って造船所を見損なったからだ。

                  サンセット。


                  バスに揺られること一時間半、無事長崎に着いたよ。

                  今回のホテルは浦上に有るので路面電車で大学病院前まで。


                  で、ホテル到着。
                  今日は朝早かったのでクタクタだ。

                  で、今日のご飯は、

                  「佐世保バーガーだ!」
                  二日連続でハンバーガー。だって佐世保に来たんだもん。


                  しかも、ステーキバーガー。
                  狂喜する肉派。


                  佐世保バーガー?

                  また副生徒会長(仮)の登場だ。

                  佐世保バーガーと私。

                  ………。

                  「またコゲが縮んだ…」


                  このオッパイの迫力…。
                  ハンバーガーも旨そうだが乳も…。

                  同じことをオッサンがやってみた。



                  絵にならねえ…。


                  ステーキバーガー中身。
                  ガチでステーキだ!
                  テンション上がる肉派。


                  気になるお味は、のたうちまわるほど美味しかった。


                  佐世保バーガーと私。


                  「あ、オッサンの方のコゲも殖えた」

                  そして…。
                  WST恒例のアレ、

                  「すげえ、アダルトのパンフレットが3冊もあるぜ。しかもジャンル分けされてる。でもフツーのばっかりでマニアックなのないな〜」
                  しかも放送も選べない。出たとこ勝負だ。

                  喝!

                  「そんなもん観ようとするな!」
                  「んだよいいじゃん。堅苦しいなあ」

                  なんか言いたげなLDサガ。

                  (ちょっと見てみたい…)
                  もちろん、口に出したら怒られる。

                  明日は長崎ペンギン水族館だ!
                  | 旅行先より(携帯からの送信) | 16:59 | - | - | pookmark |
                  0
                    長崎へ行こう。
                    ご無沙汰してますDAWNです。

                    この5連休、初日仕事で今日から長崎に行きます。
                    早く着いたので空港でぼけっとしてます。

                    しかし窓際暑い。

                    先月行ったじゃん九州!…いや、福岡→佐賀→熊本→大分→宮崎→鹿児島ルートだったので、長崎だけは未踏だったのだ。
                    長崎と言えば5年前に五島列島行きました。…もう5年経つのか…。
                    あの時は高速バスだった。

                    高速バスより飛行機の方が安かったので飛びついたが、新幹線最強であることに気付き何かと考え込んでいる。

                    そんでもって神戸空港、フリーWi-Fiが無い…。
                    タブレットを持って来たがただの板切れだ。

                    飛行機は恙無く定刻離陸。
                    何故か離陸前にネットで世界の航空機事故特集を見てしまい、傾くたびに恐怖倍増。
                    何故そんなものを読むのか。

                    瀬戸内海の上を飛んで行く。
                    で、少しうとうとしたらもう九州到着、着陸態勢に。

                    そして定刻に着陸。
                    本日は満席なのか回転寿司から荷物が中々出てこない。
                    佐世保行きのバスの時間が刻一刻と迫る。

                    何とか間に合ってバスは一路佐世保へ。



                    途中、ハウステンボスにバスが寄る。
                    …ハウステンボス、中学校の修学旅行以来だ…。

                    神戸空港で食べ物を買うのを忘れたので腹減った…。

                    そして無事佐世保到着。

                    佐世保駅は最西端の駅だったのか…。枕崎だと思っていたよ。

                    ホテルはバスターミナルの近くだった。

                    「………」

                    なんかおかしくない?


                    「何で佐世保で降りてんの?バスの終着は佐賀バスターミナルだろ?」
                    どんだけ行きたいのだ佐賀。

                    腹ペコなので食物を求めて付近を彷徨っていたら、佐世保港に着いた。

                    クルーズ船出向の図。


                    佐世保港と私。

                    しばらくすると、

                    突然花火が打ち上げられた。
                    丸亀と言い、行く先々で花火に遭遇する。


                    「中々良いではないか」

                    そして気になる晩ご飯は?

                    「りゅうきゅう丼だ!」
                    …りゅうきゅう丼は大分名物…。

                    騒然とする肉派。

                    「何で佐世保まで来てりゅうきゅう丼なんだよ!佐世保バーガーはどうした!」
                    「ああー、安心しろ」


                    「ちゃんと買ってあるぜ」
                    ヒカリハンバーガーショップのスペシャルバーガー。


                    感激する肉派。
                    しかも人気なのかハンバーガーショップ
                    ガタ混みでオーダー20分待ちだった。

                    佐世保と言えば副生徒会長(仮)。

                    アニメのプリズ◯スクールを見てからこの人が副生徒会長に見えてしゃあない。
                    「だからってパンツ丸出しで撮るな。このクソメガネ」


                    好物?の佐世保バーガーと副生徒会長(仮)の夢のコラボ。


                    佐世保に行くのでつい持ってきてしまった。
                    マイスよりコンパクトなのでメガネケースにも入るのだ。
                    しかし佐世保に来たのは聖地巡礼ではなく、森きらら動物園に来たかったからだ…。

                    ………。

                    「…コゲのやつ、またえらい小柄になったな」
                    いや、気づくだろ!

                    明日は森きららだ!
                    | 旅行先より(携帯からの送信) | 14:28 | - | - | pookmark |
                    0

                      CALENDAR

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      web拍手とか入れてみた。

                      自作自演コメントマイスギャラリー

                      過去のすぴばるログはこちら
                      ※2016年4月末日をもってサービスを終了となるため過去ログ倉庫となります。

                      ANOTHER PAGE

                      SELECTED ENTRIES

                      CATEGORIES

                      ARCHIVES

                      MOBILE

                      qrcode

                      LINKS

                      PROFILE

                      SEARCH

                      無料ブログ作成サービス JUGEM